弁護士が依頼人の遺産着服…長野

ざっくり言うと

  • 長野県で20日、弁護士が依頼人の遺産約1100万円を着服した疑いが浮上
  • 弁護士は公正証書の作成に立会い、依頼人が死亡し遺言執行者となった
  • 預かっていた約1100万円を、自分の事務所名義の口座に移したとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング