平均ダウンロード速度は、機種別・全体ともNTTドコモがトップ

写真拡大

角川アスキー総合研究所は2013年11月18日、大阪市内50カ所で携帯電話キャリア3社のiPhone(アイフォーン)・Android(アンドロイド)の回線速度を調査した「スマートフォン回線速度調査(大阪市内)」の結果を発表した。

ダウンロード・アップロードともにドコモが最速

「RBB TODAY SPEED TEST」アプリでアップロード/ダウンロード速度を使い、乗降客数の多いJR、私鉄、地下鉄の主要駅、および多くの人が集まるビジネススポットや観光スポットを中心に、大阪市内50か所で、1調査地点につき3回計測、平均値を記録した。調査期間は6日から12日の平日。

それによると、平均ダウンロード速度はNTTドコモが34.03Mbpsと、2位のauを10Mbps以上上回ってトップとなった。iPhone、Androidそれぞれの機種別についても、ドコモが最も高速という結果だった。

平均アップロード速度は、ダウンロード速度ほど大きな差はないものの、全体ではやはりドコモが10.05Mbpsでトップだった。ただ、iPhone5cに限定すると、ソフトバンクモバイルが他の2社を上回る。一方で、Andoridのアップロード速度を見るとソフトバンクは2位のauの半分以下と大幅に遅れをとる結果に。

アスキー総研はこの原因について、「ソフトバンクのAndroidのアップロード速度が他社に比べて遅いのは、一部地点でLTE回線に接続できず、3Gでの測定となったことが要因の一つと考えられる」と補足。

ドコモが好調な結果を示した理由については「同社は9月より、1.7GHz帯でダウンロード最大150MbpsというLTEサービスの展開を東名阪で推進しており、その成果が表れたということが考えられる」と分析している。このサービスをいち早く導入したのが大阪で、東京、名古屋はこれから拡大していくため、東名エリアについても今後期待が高まる。