【インタビュー】NARS創始者兼クリエイティブ・ディレクターFrancois Nars(フランソワ・ナーズ) - 写真家Guy Bourdin(ギイ・ブルダン)とのコレクションを語る

写真拡大 (全17枚)

コスメブランドが続々と2013年クリスマス・コフレの発売を迎えている。近年はビューティでもアーティストコラボが多く目につくようになっているが、そんな中でも今季とりわけ高い注目を集めているのが、NARS (ナーズ) × Guy Bourdin (ギイ・ブルダン) のコラボレーションだ。





Guy Bourdin は、1950年代半ばに仏『VOGUE』誌でキャリアをスタートさせ、ファッションフォトグラフィーの分野に独創的なジャンルを確立した、20世紀を代表するファッションフォトグラファーのひとり。絶えず死を連想させる描写、あからさまにエロティックな筋書きのある作品など、複雑に入り組んだストーリーでファッションにアプローチするスタイルは70年代にピークを迎え、91年に死去した後も世界のクリエイターたちに影響を及ぼし続けている。

NARS 創始者でありクリエイティブ・ディレクターを務める Francois Nars (フランソワ・ナーズ) もまた、Guy Bourdin の写真に傾倒し、多大な影響を受けているひとりだ。Francois Nars がメーキャップ・アーティストを志すようになったのも、幼少時に仏『VOGUE』や『Harper’s BAZAAR』で Guy Bourdin の作品に出会ったことがきっかけだという。実際に NARS カウンターに並ぶコスメやヴィジュアルの大胆で鮮烈な色彩感覚を見てみれば、Francois Nars の Guy Bourdin に対するリスペクトがいかに大きいものであるかを改めて感じることができるだろう。


Guy Bourdin

NARS だからこそ実現したといっても過言ではない珠玉のホリデーコレクションは現在、リップスティックやシングルアイシャドーなど、ブルダンらしい色彩を持つカラーコレクション (4アイテム・全17色) が発売を迎えている。続いて11月22日 (金) には限定コフレ「NARS HOLIDAY 2013 GIFTING COLLECTION」(全国限定:全4種・セルフセレクトショップ限定:全2種)が登場するのでこちらも要チェックだ。リップ型のケース、ハート付きのポーチなどに収められたコフレはすべて、Guy Bourdin の写真をプリントした箱に入ってくる。さらに、チークパレットの「ワンナイトスタンド」と人気のミニリップセットの「プロミスキャス」は、イセタンミラーなどのセルフセレクトショップ限定アイテム。


(上から順に) NARS クライムオブパッション¥6,930 / NARS フリング¥6,720 / NARS ヴォイヤー¥5,460 / NARS ビューティフルストレンジャー¥3,990 / NARS ワンナイトスタンド¥7,875 (セルフセレクトショップ限定) / NARS プロミスキャス¥5,460 (セルフセレクトショップ限定) *すべて数量限定

ファンのコレクター魂をくすぐる完売必至のラインアップなので、気になる人は早めに NARS カウンターか、あるいは11月22日 (金) から3日間の期間限定で BA-TSU ART GALLERY@表参道でオープンするポップアップストア へ (セルフセレクトショップ限定を除く)。また、ポップアップストアで購入した方には以下の期間限定サービスもあるのでお見逃しなく。

1. ポップアップストア限定配布チケットを持参の上、東急東横店 NARS に来店の方にネールポリッシュのミニサイズをプレゼント (先着300名)
2. 税込¥10,500以上の購入で、Guy Bourdin トートバッグをプレゼント (数量限定)

<ショップ情報>
FASHION GLAM GUY BOURDIN POP UP STORE
会期: 11月22日 (金) - 11月24日 (日)
時間: 11:00 - 20:00
場所: BA-TSU ART GALLERY
住所: 東京都渋谷区神宮前5-11-5

 

以下、ニューヨークから届いた Francois Nars のインタビューをノーカットで紹介する。

 

- Guy Bourdin (ギイ・ブルダン) にフルコレクションを捧げることに決めたのはいつですか?そしてなぜですか?


Francois Nars

僕はずっと彼の作品に心を奪われてきた。1968〜70年頃、Guy Bourdin の写真が仏『VOGUE』に掲載されていて、目を奪われずにはいられなかった。子供心に、モデルの女性たちと Guy Bourdin の撮影の仕方に惹かれた。モデルのポーズが強烈で、逆立ちになっていたり。メーキャップはどれも素晴らしくて、ヘアスタイルもすごかった。信じられないくらい洗練されていて、デカダンな雰囲気があったね。Guy Bourdin は、メーキャップアーティスト、写真家としての僕のキャリアに多大な影響を与え、これまでにも何度も彼に敬意を表してきた。今がこのコラボレーションを行うのに相応しい時だと思うけれど、これは5年前でも5年後でも良かった。なぜなら、彼の作品はつねに、現代的であり続けるから。

- Guy Bourdin のどこに惹かれますか?

彼の写真はとにかく魅力的。確固たる創造力と、極めてアーティスティックなヴィジョンを持っている。単にモデルがまとった服を撮影するのではなく、それをはるかに上回ることをしている。Guy Bourdin の写真は、絵画に近い。もっと評価されるべきだと思う。

- Guy Bourdin の作品は今、発表当時よりもいっそう現代的な意味を帯びていると思いますか?


Guy Bourdin

Guy Bourdin はとてもファッション性の高い写真家であると同時に、その作品は時代を超越している。抽象的で途方もなく創造的。一時の流行や時に左右されないんだ。偉大なアーティストは皆、 時代に流されない。ウォーホルやピカソもそう。彼らほどの才能と素晴らしいヴィジョンを持っていれは、その作品は時代を超越する。

- メーキャップ・アーティストとしてのあなたに、Guy Bourdin はどのような影響を与えましたか?

彼の写真を見て、メーキャップをまったく違う角度から考えるようになった。彼が撮影した女性の姿に夢中になって、雑誌からそのページを切り取って自分の部屋の壁に貼っていたよ。友達が野球やバスケットボールの選手の写真を壁に貼っていた頃、僕は Guy Bourdin の写真を飾っていたんだ。Guy Bourdin の色彩感覚と女性モデルの撮り方は本当に素晴らしい。そして、どうしたわけか、彼女たちのメーキャップにひどく魅力を感じた。僕は常に強いルックを持つ女性に魅力を感じできたから Guy Bourdin はもちろん、Helmut Newton (ヘルムート・ニュートン) や Richard Avedon (リチャード・アヴェドン) にも惹かれるね。

- Guy Bourdin の写真の中で特に好きな作品は?

たくさんあるけれど、ひとつ挙げるとすれば、Kathy Quirk (キャシー・カーク) が下着だけを身に着けて受話器を手にしている写真 (「ワンナイトスタンド」) かな。この写真はオリジナルプリントを持っているんだ。メーキャップが素晴らしく、肌は抜けるように白い。今回のコレクションのために8〜10点の写真を選んだが、その中で特に気に入っているのは、リップコフレ「フリング」のヴィジュアルに使った作品で、グリーンカラーを背景に女性がテーブルにもたれかかって丸い鏡を見つめているもの。





- Guy Bourdin のヴィジョンを今回のビューティコレクションにどのように取り入れましたか?

色彩がすべて。Guy Bourdin の写真のメーキャップは、色彩が強烈。レッドとパープル使いが好きだね。コレクションをクリエイトすることは難しくなかった。Guy Bourdin の写真をとてもよく知っているから。写真の女性たちにどのようなメーキャップが施されているかがわかるから、それをコレクションに映し込むのは簡単だった。選んだ写真の色に可能な限り近い色を出したよ。パープル、グレー、極めてコントラストの強いカラー。これらを実際のメーキャップに採り入れたかった。パッケージも Guy Bourdin の写真をイメージして、美しく仕上げている。

- このコレクションは、Guy Bourdin に経緯を表したものですか?

その通り。Guy Bourdin へのオマージュだ。彼が与えてくれる素晴らしいインスピレーションの感謝でもある。 彼は子供だった僕に幸せをくれた。彼の写真を見ているだけで幸せだったんだ。彼ほどの人だからできることだ。美を見出し、それを信じられないほど巧みに捉えている。彼の写真はファッショ ンを超越しているよ。

NARSが Guy Bourdin に敬意を表するのは6度目だが、今回はこれまでの中で群を抜いて規模が大きいフルコレクション。若い世代の人々が Guy Bourdin のようなアイコニックなアーティストを知るのは良いことだね。こうしたアーティストたちはとてもモダンで、若い世代も彼らの作品に十分共感できると思う。彼らの写真は今なお、ある意味とても新しいから。



- コレクションの中で使っている色について教えてください。

多く使っているのはパープル、スモーキーグレー。それからレッド、オレンジ、フューシャカラーのリップスティック、、多彩なブラッシュ。僕はチークが好きなので、苦労なく作れたよ。 写真をじっと見つめて、軽々とインスピレーションを得て、カラーをつくる。彼の写真のすべての色をコレクションの中で表現している。

- このコレクションは、Guy Bourdin の作品全体を表現していますか?それとも、ある特定の期間の作品を反映しているのですか?

僕にインスピレーションを与えてくれた作品と、僕が好きな強烈なメーキャップが使われている作品絞り込んで、コレクションに表現している。Guy Bourdin の素晴らしい写真の中には、顔を写していないものも多くある。彼にとって顔は脚と同じで、身体の一部分にすぎないのかもしれない。だからコレクションには、彼の全作品ではなく、メーキャップルックがとても印象的で僕好みな作品を映し込んでいる。メーキャップに直接関連する写真を選んでいる。



- コレクションの中で特に気に入っている製品は?

「ブラッシュ」だね。僕はチークが大好き。Guy Bourdin もチークを多用している。それから 「ネールポリッシュ」。レッド、フューシャの素敵なカラーが揃っている。楽しい色彩が爆発的に使われた1971〜72年頃のイメージだ。とても Guy Bourdin らしくて、納得してもらえると思うよ。

- Guy Bourdin の私生活が、彼の作品に影響したと思いますか?

したと思うよ。誰でもそうだと思う。どんな生活をしていようとその影響はある。僕は自分がすることすべてから何かを得ようと心がけている。旅に出て友人を訪ねたり、映画を見たり、写真を撮ったり。こうした経験が仕事に反映されている。



- Guy Bourdin は自分の作品の細部に至るまでこだわりました。これは写真家にとって良いことでしょうか?

もちろん。大いに気難しくなるべきだね。僕が一緒に仕事をした大物の写真家たちは皆とても頑固だった。気難しくて、神経質で、細部にこだわり、きめ細かい。現代の最も偉大な写真家たちは皆そうだと思うよ。

- Guy Bourdin の作品が、ファッションフォトグラフィーの世界でこれほどアイコニックになっているのはなぜでしょう?

彼の現代性ゆえだろうね。Guy Bourdin はファッションを独特な目線で捉えた。一点の服を見せているだけなのに、その写真があまりにアイコニックであるがために、写真を見た人はその Saint Laurent (サンローラン) のドレスを記憶してしまう。彼の写真はファッションを超越していた。強烈で、絵画のような写真を撮り、ファッションを別のものに変えた。カタログのようにドレスだけを見せるのではなく、ファッションをアートに変化させた。Guy Bourdin が20世紀最大の写真家の一人と目される理由はそこにあると思う。



- あなた自身もそのような仕事を目指しますか?

僕はあまり研究熱心にならないように心がけるよ。今後どうするのかは決めていない。明日インドに旅立って写真を撮るかもしれない。いきなり訪れる意外な展開――サプライズが好きなんだ。あまり多くを計画しないようにしている。なんでも計画が必要な現代だけど、サプライズの可能性を残しておくべきだね。

- Guy Bourdin の仕事ぶりを知っても、彼の仕事仲間になれそうですか?

一緒に仕事がしてみたかったね。大変だろうとは思うよ。徹夜で作業するのだから。「午後5時だ、 帰ろう」なんて考えはまったくない。とにかく作業し続ける。モデルを逆さまに浮かせるのに5時間かかるなら、5時間かけるんだ。メーキャップもやり直さなければならない。でも偉大なアーティストのために働くなら骨身を惜しまないだろうね。Guy Bourdin と一緒に仕事をした人々は献身的だった。 僕も一緒に働いていれば、もちろんそうしただろう。でもメーキャップをを始めたばかりの身では荷が重すぎただろうと思うよ。彼の作品を見ただけで恐れ多くなってしまってね。今なら、もちろん自信があるし、一緒に素晴らしい仕事ができたと思う。

- あなたと Guy Bourdin は似ていると思いますか?

Guy Bourdin と僕は互いにクリエイティブだけど、タイプが異なる。僕はモデルのスチル写真を撮り、その中で創造性を発揮するが、彼は映画制作のようにセットや設定をクリエイトする。Guy Bourdin は、CHARLES JOURDAN (シャルル ジョルダン) の靴の広告写真を多く手がけ、これらは彼の作品の中でも最もドラマティックだ。 とにかく、とてつもなくすごい。これらの写真のおかげで、CHARLES JOURDAN は名を知られたのだから。Guy Bourdin は今なら偉大な映画監督になっていたと思う。フレグランスのコマーシャルでもミュージックビデオでも彼に手掛けさせたら素晴らしいものができただろうね。今なら、もっともっと多くのことができたと思う。