Yahoo! JAPANが「ツール・ド・東北応縁団」を結成

写真拡大

2013年11月3日におこなわれた、東日本大震災の被災地を巡るサイクリングイベント「ツール・ド・東北 2013 in 宮城・三陸」。Yahoo! JAPANはこのイベントに際して、「ツール・ド・東北応縁団」と称するキャンペーンを展開中だ。

生まれた出会いを長く続く「縁」に

「ツール・ド・東北 2013 in 宮城・三陸」は、Yahoo! JAPANと河北新報社の主催で、被災地へ全国の人々を呼び込む目的で開催された。

イベントに合わせてYahoo! JAPANは地元の商店や企業に呼びかけ、ライダーを応援する「ツール・ド・東北応縁団」を結成。応縁団が作った「応縁ステッカー」と手紙は、イベント当日、1316人のライダーひとりひとりに渡された。ライダーは108を数える商店や企業の想いを胸に、被災地を走り抜けたという。

また、Yahoo! JAPANは「ツール・ド・東北応縁団」特設サイトを公開。「ツール・ド・東北応縁団」で生まれた、イベント参加者と応縁団の出会いを一日限りのものでなく、長く続く「縁」にするためのサポートを継続して行っている。

特設サイトでは、「ツール・ド・東北応縁団」によるイベント当日の「縁」づくりの様子を動画で紹介するほか、応縁団に参加した商店や企業が書いた手紙や、商店・企業の地図、業種、ホームページなどが掲載されている。ライダーが自分を「応縁」してくれたお店を訪ねる際、あるいはこれから観光で訪れる人たちが熱い気持ちを持つ地元の商店や企業を知る道しるべとして役立ててもらう狙いだ。