新千歳空港で横断幕を掲げるロリータ女子たち。たしかにちょっと変わった光景だ (c)TVhけいざいナビ北海道

写真拡大

 ロリータファッションに身を包んだ女性たちが小樽と札幌に観光客としてやってきた。ファッションがやや目を引くだけで単なる観光客に過ぎないはずの彼女たちは、メルヘンチックな小樽の街に溶け込み、むしろ観光地の新しい一つのコンテンツになってしまったのだ。彼女たちの行く先々では人だかりができ、パシャパシャと即席写真撮影会が開催される。

 テレビ北海道「けいざいナビ北海道」の番組で、このロリータファッション愛好家の女性たちと観光地のコラボレーションを特集として取り上げた。果たしてその経済効果はいかに。中にはロリータファッションを楽しむ男性もいるとのことで、男性読者にとっても他人事ではないかも?!

新千歳空港降りた瞬間から
まるでファッションショーのようなロリカワツアー

 今回のロリータファッションな女性たちのご一行によるツアーは、「小樽と札幌でロリカワ(ロリータ×かわいい)しよう」というお題の元に行われたモニターツアーである。本州からそして北海道内からロリータファッションを愛する女性たちが20名ほど集まった。

 空港では横断幕を掲げ、存在感がすごい。到着口から姿を表す彼女たちは、まるでモデルがランウェイを歩くかの様相で、さながら空港でファッションショーが行われたかのような印象を受ける。

 まず小樽に移動した彼女たちは、小樽運河をめぐるボートに乗る。ロリータファッション女性ばかりが乗る運河ボートだ。当然、案内役の従業員もロリータファッションに身を包む。地元側も一体となってロリータの世界観を作り出すことが重要なのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)