写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三井不動産は、千葉県船橋市に展開する「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」の大規模リニューアルを決定。約110店舗を2014年春に新規・改装オープンする。

1981年の開業から33年目を迎えた同施設は、さらなる進化を目指した「Next Stage」計画を実施。第1弾として、デイリーニーズ・ファミリーニーズを強化した西館(建替え)を、11月22日にオープンする。

今回決定した第2弾では、施設全体約450店舗のうち、南館を中心とした約110店舗(新店約60店舗、改装・移転約50店舗)を、2014年春に順次新規、改装・移転オープン。「ZARA」のライフスタイル雑貨業態「ZARA HOME(ザラ ホーム)」や米国レディスカジュアルブランド「Free People(フリー ピープル)」などのインターナショナルブランドや、有力セレクトショップ、高感度・都市型ブランドを充実させていく。

なお、今後行われる「Next Stage」第3弾では、南館シネマコンプレックス跡のリニューアル(2014年夏)を予定しているとのこと。