画像は「しろくまちゃんのほっとけーき」の絵本ごはん

写真拡大

父親の家庭料理・家事参加支援事業を行うビストロパパ(東京都港区)と絵本の情報・通販サイトを運営する絵本ナビは2013年11月18日、共同で「絵本ごはんプロジェクト」を開始した。

絵本とごはんの時間を大切にしたい家族が広がる

レシピの作成は、ビストロパパ代表でありパパ料理研究家である滝村雅晴氏が行う。

プロジェクトでは、絵本の紹介とともに、作り方を絵本ナビが運営する子育て百科「できるナビ」内で紹介し、「絵本」と「ごはん」ではぐくまれる"幸せな時間"を親子に広げていく。

第1回で扱うのは、こぐま社から出版されている「しろくまちゃんのほっとけーき」(作=わかやま けん)。

「できるナビ」では、レシピを紹介した記事を参考に「絵本ごはんできた!レポート」が写真とともに、絵本ナビ登録ユーザーから投稿される仕組みになり、ネットを通じて「絵本とごはんの時間を大切にしたい家族」を広げていくことができる。

なお、第2回は冨山房から出版されている「チキンスープ・ライスいり」(作・絵:モーリス・センダック 訳:じんぐう てるお)の絵本ごはんを紹介する。