写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ANAセールスとイカロス出版の「航空旅行」は、タイアップ企画第5弾として「プロペラ機でゆく”空中散歩”日本列島横断旅行」を販売している。

○ジェット機に匹敵する速さと快適性

ジェット機全盛の時代にあって、一時は衰退の傾向が著しかったプロペラ機。しかし、近年は性能や快適性の向上に加え、経済性の高さも見直され徐々に復権してきている。ANAのネットワークでも短距離を中心に、プロペラ機就航路線が増加している。

同ツアーはそのプロペラ機を乗り継ぎ、日本列島を横断するというもの。ツアーには"プロペラ機の歴史を変えた"とも称されるプロペラ機、ボンバルディアDHC-8-Q400を利用する。エンジン性能が向上した同機は、短距離路線ならジェット機に引けを取らない高速性を実現。機体も大きくなり、現在、世界のプロペラ旅客機の中では最大級のキャパシティを誇るという。

○名古屋宿泊で全6区間を乗り継ぐ

ツアーは1泊2日で、羽田発熊本着、釧路発羽田着の2区間を除いた、全6区間を乗り継ぐ。Q400の搭乗は1日目が熊本発伊丹着、伊丹発松山着、松山発名古屋(セントレア)着。名古屋に宿泊し、2日目がセントレア発秋田着、秋田発新千歳着、新千歳発釧路着となる。

宿泊ホテルでアンケートに回答したツアー参加者には、ANAの整備士手作りのANAブックマークをプレゼントする。ボーイング787の機体に使用しているカーボンファブリックや、飛行機内部の電線類結束用のひもを使用したオリジナル品。数量限定のため、なくなり次第終了する。

なお、ツアーは羽田発のみで、2014年3月28日まで一部日を除き毎日出発する。料金は8万9,800円から(大人1名料金)。ツアーの詳細はANAのウェブサイトでも案内している。

(フォルサ)