日本代表としてW杯に臨む谷原秀人と石川遼(Photo by Quinn RooneyGetty Images)

写真拡大

<ISPSハンダワールドカップ 事前情報◇19日◇ロイヤルメルボルンGC>
 オーストラリアにあるロイヤルメルボルンGCを舞台に「ISPSハンダワールドカップ」が21日(木)に開幕を迎える。同大会ではこれまで各国2選手のダブルスによるフォーボールとフォアサムによって競われてきたが、今大会からはフォーマットを一新。個人戦での72ホールのストロークプレーという通常のトーナメント競技と同様の形式で競われることになった。
PGAツアーチャイナ発足!日本ツアー今後どうなる?
 今大会には地元オーストラリアの代表としてアダム・スコット、ジェイソン・デイ、前回大会覇者の米国代表マット・クーチャー、ケビン・ストリールマンなど世界の強豪が参戦。日本からは石川遼と谷原秀人のコンビが先週の国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」でワンツーフィニッシュを果たした勢いそのままに2002年以来となる3度目の大会制覇を狙う。
 19日(火)には初日・2日目の組み合わせが発表され、石川はビジェイ・シン(フィジー)、ジョージ・コージー(南アフリカ)、谷原はK・J・チョイ(韓国)、ヴィクター・デュビソン(フランス)と同組にペアリングされた。普段のトーナメントとは違う国の威信をかけた戦いで石川と谷原はどのようなプレーを見せてくれるのか。

【主な出場選手】
日本:石川遼、谷原秀人
米国:マット・クーチャー、ケビンストリールマン
オーストラリア:アダム・スコット、ジェイソン・デイ
スペイン:ミゲル・アンヘル・ヒメネス、ラファエル・カブレラ・ベロ
イタリア:フランチェスコ・モリナリ、マッテオ・マナセロ
北アイルランド:グレアム・マクドウェル、ショーン・ローリー
韓国:ベ・サンムン、K・J・チョイ
中国:呉阿順、リャン・ウェンチョン
デンマーク:トーマス・ビヨン、トービヨン・オルセン
タイ:キラデク・アフィバーンラト、プラヤド・マークセン

<ゴルフ情報ALBA.Net>