40年間眠らない男が存在? 目を閉じ横になり休息をとることが大事?

写真拡大

1日徹夜するだけですごく眠いですよね。でも、40年間眠らなかった男が存在していることを知っていますか? なぜ、40年間眠らなくても平気だったのでしょうか?

40年間眠らない男

キューバに住むトマス・イスキエルドという男性は、13歳のときに、眠ることができなくなったまま、40年間、まったく眠っていないというのだ。目を光線から保護するために濃いサングラスをしている以外、おおむね健康で、むしろ年齢よりも若々しく、二人目の妻との間に息子ができたばかりだという。

これまで、40人もの医師が、彼の治療にかかわってきたが、どの治療法も、彼を眠らせることはできなかった。16年間彼の治療に携わってきたキューバでもっとも権威のある精神科医によると、薬物療法をはじめ、さまざまな方法を試みたが、彼を眠らせることはできなかったという。2週間近い入院の間にとられた24時間の脳波検査でも、記録された脳波は、完全な覚醒パターンを示していた。

その医師によると、イスキエルドの不眠症は、脳炎にかかった後遺症で始まったとされるが、イスキエルド自身は、死の恐怖が強まり、眠るのが怖くなったことがきっかけだったと述べている。

眠れない夜をどうして過ごすかといえば、イスキエルドは、明け方の3時か4時から、数時間横になって休憩をするだけである。

重度の不眠にもかかわらず、元気に暮らしているという「健康的不眠症」のケースが、ときどき報告されている。1日1、2時間の睡眠、それも浅い眠りしかとれないというケースが多いが、中には、このケースのように、ほとんど眠らないというものもある。

40年間眠らなくても、再婚して、元気に子どもまでつくっている人がいるというのは、不眠に悩む者にとっては勇気づけられる話ではないか。一晩や二晩、よく眠れないからといってあせらないこととともに、そこで起きて活動を続けるのではなく、目を閉じ横になり、休息をとることが大事なのです。

睡眠って不思議ですね。

「人はなぜ眠れないのか(岡田尊司)」の詳細を調べる