茨城県つくば市は、筑波研究学園都市50周年記念事業の一環として、研究機関などを巡るつくばサイエンスツアー「ラッピング」バスを運行している。運賃は大人(中学生以上)500円、子ども(小学生)250円、幼児無料。

「つくばサイエンスツアーバス」は、科学の街・つくばでのサイエンスツアーを楽しんでもらうため、土曜日、日曜日、祝日に、常設展示館を持っているつくばの研究機関を巡っている。1日乗降自由の循環バスで、平成17年のつくばエクスプレス開業を機に運行を開始した。

今回登場したラッピングバスには、鮮やかなブルーにロボットやロケットなど、つくばの研究機関をイメージしたイラストを配置。サイエンスツアーバスとして運行するほか、平日は路線バスとしてつくば市内や牛久、守谷、取手エリアを運行するという。

なお、サイエンスツアーバスの乗車券販売場所は、TXつくば駅改札前「つくば市総合案内所」、バスきっぷうりば(つくばセンター(つくば駅)バスターミナル内)。発着場所はつくばセンター(つくば駅)バスターミナル8番乗り場となる。詳細は、同ツアー公式ページ()から。