千葉県の柏駅前特設会場(柏駅東口ダブルデッキ)で、プロジェクションマッピングを使ったイベント「ヒカリデッキかしわ 2013」を開催する。期間は12月20日〜22日、料金は無料。

同イベント()は、"元気な街・柏"を市内外に発信していく「We Love Kashiwa キャンペーン」事業の一環で、柏駅東口「そごう柏店」の壁面に合わせてプログラミングされたオリジナル映像が投射される。

参加クリエイターは、DJ、音楽プロデューサーとして活躍する「m-flo」のVERBAL氏と矢野パブロ氏が設立したクリエティブエージェンシー「WHATiF」、ワイマール(ドイツ)で行われた国際コンペ「Genius Loci Weimar」で優勝したフランスのクリエイター集団「RDV Collectif」、日本で行われた「プロジェクションマッピング」の国際コンペ「逗子メディアアートフェスティバル2013」の優勝者「FLIGHT GRAF」など。高さ58.2mと、今年行われるプロジェクションマッピングでは最大級の舞台で、それぞれがオリジナルの作品を披露するという。

公演時間は17時30分〜、18時30分〜、19時30分〜。1公演1,500人限定でペアエントリーとなる。応募方法は、柏駅周辺の協力店で配られるプレミアムエントリーカードまたは、ホームページ、往復はがきにて。詳細は同イベント公式ホームページ()から見ることができる。