FURLAが法隆寺宝物館で新作披露 オリヴィア・パレルモ来日

写真拡大

 「FURLA(フルラ)」が11月18日、2014年春夏コレクションを東京国立博物館法隆寺宝物館で披露した。今回のために、イタリア本国のオーナーGiovanna Furlanetto(ジョヴァンナ・フルラネット)をはじめ、ブランドと親睦の深いセレブリティとしてソーシャライツのOlivia Palermo(オリヴィア・パレルモ)が来日した。

FURLAが2014年春夏コレクション披露の画像を拡大

 「FURLA」の2014年春夏コレクションは、「UP IN THE SKY」をキーワードにムーンやメープル、パーチメントクラフトといった自然界から連想したカラートーンと、露やアトランティックを彷彿とさせるブルー、サンライズやマグノリアをイメージしたパステルカラーを組み合わせてスタイルのアクセントに取り入れた。アイコン的存在のCANDYバッグは透明感のあるPVCにレザーベースを組み合わせた他、新しい「FURLA」の"It-bag"としてショルダーバッグとハンドバッグの2WAYで楽しめる「ポラリス」が登場する。

 「アートとファッションの融合」をコンセプトに開かれたパーティーでは、2014年春夏コレクションをフィルムメーカーのDavide Bedoni(ダヴィデ・ベドーニ)やファッションフォトグラファーChen Man(チェン・マン)、現代アートの新進アーティストOttonella Mocellin(オットネラ・モセリン)がそれぞれ手がけたビデオインスタレーションやフォト、ショートフィルムとともに紹介された。スペシャルゲストとして来場したOlivia Palermoは、MTVのリアリティ番組「The City」への出演をきっかけにファッションアイコンとして注目される27歳で、今季の「FURLA」について「質感やニュートラルなカラーが魅力」とコメント。また、ブランドの代表を務めるGiovanna Furlanettoは「FURLAと日本の関係は20年を超えた。69店舗というイタリアをしのぐ第一の市場になった日本の皆さんに感謝しています」と話し、フラワーアーティストNicolai Bergmann(ニコライ・バーグマン)のフラワーデコレーションで装飾された法隆寺宝物館に、多くの著名人を招待した。

■FURLA
 http://www.furla.com/