ミドル脂臭は、後頭部から首の後ろに出やすい

写真拡大

汗臭でも加齢臭でもない、30〜40歳代の男性が発する不快な脂っぽいニオイ。マンダムはこれを「ミドル脂臭」と名付け、原因成分が「ジアセチル」であると2013年11月18日、発表した。

ミドル脂臭は、後頭部から首の後ろに出やすい。男性は気づきにくく、女性が感じやすい・ニオうという特徴があるという。同社の研究によれば、ジアセチルは、表皮ブドウ球菌などの皮膚常在細菌が汗に含まれる「乳酸」を代謝することで頭部とその周辺から発生する。この皮膚常在細菌による「乳酸代謝」を、数種のフラボノイド含有植物エキスで阻害することで、ジアセチルの発生を効果的に抑制できることも見出した。同社研究開発センターの志水弘典氏は「30〜40歳代のミドル男性は、生涯最も体臭の要素が多い時期であることがわかってきた。発生源がそれぞれ異なる『汗臭』『加齢臭』『ミドル脂臭』の3臭混在状態にあるため、ニオイの発生源に合わせた対策を打つ必要がある」と述べた。

同社では今後、「ミドル脂臭抑制技術」を応用したミドル男性向けの薬用デオドラント剤「ルシード デオドラントシリーズ」を2014年2月24日に発売する予定だ。