写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本千葉支社は、外房・犬吠での初日の出に便利な特急「初日の出号」を元日限定で運転する。また、元日から1月5日まで、成田山での初詣に便利な特急「成田エクスプレス」の一部列車を成田駅に臨時停車させる。

「初日の出号」は、千葉方面行の下り5本、東京方面行の上り1本を運転。下り便の運転時刻は、銚子行「犬吠初日の出1号」(高尾駅1時33分発・新宿駅2時15分発)、「犬吠初日の出3号」(両国駅2時42分発)、「犬吠初日の出5号」(新宿駅2時42分発)、千倉行「外房初日の出1号」(高尾駅2時11分発・新宿駅2時54分発)、「外房初日の出3号」(両国駅3時24分発)。上り便の運転時刻は、新宿・高尾行「外房初日の出2号」(千倉駅9時45分発)。

「外房初日の出3号」(485系6両編成)では、お座敷と座席が半分ずつになった新たなスタイルで運行する。それ以外の列車はE257系が用いられ、「犬吠初日の出1・3・5号」は5両編成、「外房初日の出1・2号」は9両編成で運転。いずれも全車指定席となる。

指定席券はおもな駅の指定席券売機、みどりの窓口、びゅうプラザにて、利用日の1カ月前の10時(指定席券売機は10時20分)から販売開始。「初日の出号」の乗車を含むびゅう商品も各種企画され、首都圏のおもな駅のびゅうプラザ、またはびゅう予約センターにて、11月28日14時から販売開始される。

成田駅に臨時停車する「成田エクスプレス」は、成田空港行の下りが15号(東京駅9時0分発)、17号(東京駅10時03分発)、19号(東京駅10時33分発)、21号(東京駅11時03分発)。東京行の上りが26号(成田駅14時0分発)、28号(成田駅14時32分発)、30号(成田駅14時59分発)、32号(成田駅15時30分発)、34号(成田駅15時59分発)。

指定席券はおもな駅の指定席券売機、みどりの窓口、およびびゅうプラザにて、利用日の1カ月前の10時(指定席券売機は10時20分)から販売開始される。

(佐々木康弘)