『現代用語のクソ知識』有吉弘行/双葉社
色々書いてはみたが、内容は本当にどうしようもない。

写真拡大

テレビを観てると思うのだが、有吉弘行の番組が多過ぎる。もう本当、半端ない。しかも、彼MCの番組が多いのだ。
個人的に彼のことは大好きなので「良かったね」と言いたいところ。でも、シンパとしての本音は違う。向いてないから、有吉にMCをやらせないでくれ。

あまりにもワガママな訴えなのは、承知して。数字を持ってることの証明でもあるだろうし、明らかに格は上がっている。でも、持ち味が全然出てない。観てて、いつも「向いてねえなぁー」と、苦笑いが止まらないもの。
彼の気持良さは、場を上手に破壊してくれるところにあった。「ひな壇芸人」と呼ばれるタイプの“ナアナアの関係性”に懐柔されず、そのチームワークを解体してみせる。しかもその壊し方、視聴者の深層心理のリクエスト通りだった。よく切れるナイフを見る気持良さが、彼にはあった。
しかし、懐柔された。「ブレイクするっていうのは、『バカに見つかる』ということ」と公言していた有吉だが、完全にバカに見つかった。ミイラ取りがミイラになった、みたいな。

そんな状況の彼に幻滅したかと言えば、そうでもないんです。たけしの『オールナイトニッポン』や鶴瓶の『パペポTV』みたいに、コアな姿を見せてくれる機会を残してくれているから。
その一つに挙げられるのは、EX大衆にて連載されていた「現代用語のクソ知識」。もう、本当にどうしようもない。「なに、ゴールデンで仕切ってるんだよ」と呆れたくなるような、ゲス要素に満ちた筆芸を見せ付けてくれているから。
しかも、その連載が一冊の本にまとまったというなら、買うしかないじゃないですか。
「普段気になっているけど、今さら人には聞けない現代用語の数々を有吉先生のクソ知識で解説しています」(『現代用語のクソ知識』まえがきより)
“有吉派”には待望の一冊、さて、どんな解説をしてくれているのだろう?

【一発芸】
一発芸は、拍手をもらうようになったら賞味期限切れ。
【カシスソーダ】
「帰りたい」という意思表示。
【キャラ弁】
キャラ弁の汚さったらない。
【こぼれ落ちる涙】
きれいな光景かつ、ちょっと笑える光景。
【読者モデル】
要はハガキ職人のこと。プロの構成作家にはなれないあくまでハガキ職人。
【バレンタインデー】
林真須美からの義理チョコには注意が必要です。
【ほうれい線】
針すなおさんは悪意たっぷりにほうれい線をくっきり描きます。
これだ! この切れ味。有吉には、よく切れるナイフを見る気持良さがある。

あと、彼の感性が好きだ。あまり、芸人かぶれしてないところがいい。吉本なり何なりの、妙な独特のルールや価値観に縛られていない。というわけで、下ネタも行く。躊躇しない。信用できるのだ。
【ギャルものAV】
ギャルものAVはイクとき必ず「ヤバいヤバい」って言う。で、挿れるまでは結構ギャルなんだけど、いざ挿れちゃうと普通のリアクションしかしない。一番大事なところでギャル感が出ていない。
【ノマドワーキング】
風俗嬢がノマドやっちゃうと、完全に立ちんぼになっちゃう。
【○○パン】
萬田久子さんにだけは、使わないほうがいい。
【ぶっかけ】
「ぶっかけうどん」って、これだけ「ぶっかけ」っていう言葉に下ネタのイメージが強いのに、よくぞここまでメジャーな言葉になり得たな、と感心します。そういう意味では、この手法はまだまだ使えそうな気がするんですよね。性と食は似てますから。
それこそ「フェラチオバナナ」とか「クンニ飴」は数十年後、メジャーな言葉になっててもおかしくはないわけです。

この嗜好について、有吉氏はこんな風に解説しています。
「今回、このような形で現代用語と言われる言葉、ひとつひとつと改めて向き合ってみると、言葉からいろいろなものが見えてきました」
「その結果分かったことは、あらゆる事柄は性に繋がっているということ」
「すべての言葉は性に繋がる」

この勢いのまま、言葉についても思考を巡らせている。
「こうして数多くの言葉をじっくり見てみると、『この言葉もう一切使っていないな』という言葉がいっぱいあります。ちょっと取り上げられたと思ったら、知らない間に消えていく。本当に消費が早い」
「現代用語と呼ばれる言葉の中から、どの言葉が残っていくのか。これだけ言葉があっても100年後に残るのは結局『チンコ』だったりするわけだから」
ボキャブラリーは相変わらずアレだが、意外と深いところに言及しているからたまらない。

では、最後にこの用語解説をご覧いただきましょう。
【アクメ】
「男も気軽にTENGAとかオナニーをやりすぎて、チンコがどんどん圧に強くなっていくから、イキにくくなっている男性が多いらしいですね」
「それと一緒で、女性も電マとかローターで、それこそ指の振動くらいではイカなくなってると思うんですよね」
「このように、普段のオナニーで道具が介在してくると、実際にお手合わせしたとき、お互いがイクことができずに困ると思うんですよ」
「女性側にお願いしたいのは、オナニーするとき、ローターを使わないでほしいんですよね」
「女性側から言えば男性にもTENGAとかで鍛えてほしくないって思うかもしれない」
「だからお互い武器を捨てようっていうことなんです。アメリカの銃社会じゃないけど、『そっちがその気なら』って銃を構えることをやめていかないと」
「武器を捨てよう!! 銃も捨てよう!! 平和宣言です」

もはや、談志が唱える「イリュージョン」の世界に突入していると思うのは、私だけだろうか。有吉には、よく切れるナイフを見る快感がある。
(寺西ジャジューカ)