GQ「2013年最も輝いた男」に堺雅人や宮藤官九郎、林修ら選出

写真拡大

 コンデナスト・ジャパン発行のライフスタイルマガジン「GQ JAPAN」が、2013年最も輝いた男たち「GQ Men of the Year 2013」の受賞者を発表した。選ばれたのは宮藤宮九郎さん、堺雅人さん、林修さん、朝井リョウさんの4名。また、Yellow Magic Orchestraら、合わせてこの10年最も輝いた男性たちも選出された。

GQ「13年最も輝いた男」発表の画像を拡大

 今年で8回目を迎えた「GQ Men of the Year 2013」では、2013年の流行語大賞の有力候補にまつわる男性の受賞が目立つ。主演を務めたドラマ「半沢直樹」が今世紀最高の視聴率を記録し、作中の台詞「倍返し」が大流行している俳優の堺雅人さんは「今年は『半沢直樹』『リーガルハイ』と、とても楽しい現場を経験させていただきました。来年以降も一つ一つの与えられた現場を 一生懸命守って、頑張っていきたいと思っております」とコメント。「いつやるか?今でしょ」の名言でメディアを中心に活躍の場を広げた東進ハイスクールの林修さんは、「夢を見ているようという安っぽい言葉は使いたくないですが、そうとしか言いようがないです。まさか自分が呼んでいただけるとは1年前は全く考えもしなかったです。」と驚きを語っている。「じぇじぇじぇ」でお馴染みのNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の脚本を手がけた宮藤宮九郎さんは、「今年初めて連続ドラマをさせていただきまして、これはスタッフさん地元の岩手県久慈市の皆さんのおかげで受賞できたと思っております」と感謝を述べている。

 また「GQ JAPAN」が10周年を迎える今年は、「GQ Men of the Year 2013」に加え、この10年間活躍を続けられている男性を称える「GQ Men of the Decade 2013」を新設。Yellow Magic Orchestra他、佐藤浩市さん、爆笑問題さん、三浦知良さんが選ばれた。11月19日発売の10周年記念特別増刊号「GQ JAPAN 10th ANNIVERSARY COLLECTOR'S EDITION」では「GQ Men of the Decade 2013」の授賞者7名、11月22日発売の「GQ JAPAN」1月号本誌では「GQ Men of the Year 2013」「GQ Men of the Decade2013」の授賞者11名のインタビューをポートレイトとともに紹介する。