夏のボーナス満足度と転職への関連性調査ー「支給額が転職に影響がある」60.5%

写真拡大

株式会社パソナ パソナキャリアカンパニーは、2013年夏のボーナスについて、パソナキャリアに来社した転職希望者に対して『ボーナス満足度と転職への関連性に関する調査』を実施した。

●2013年夏のボーナスの満足度は47.9%が満足

2013年夏のボーナスについて満足度は、全体の47.9%が「とても満足している」「まあ満足している」と回答。まだ景気が回復しきっていない2011年冬のボーナスの満足度は40.0%で、7.9%アップしている。

●ボーナス支給額は、従業員数が増えるほど支給されるボーナスの金額増

実際の支給額は、「31?60万円以下」が33.0%と最も多く、その一方で17.5%が「支給なし」という結果に。企業別に見ると「支給なし」は従業員数が10人以下の企業で55.6%、5001人以上の企業では「91万円以上」が32.9%で、依然として中小企業では業績が厳しい状況のようだ。
また、全体の平均は58.3万円で、最高額は500万円だった。

●ボーナス支給額が転職に与える影響は

ボーナス支給額が転職に与える影響については、「かなり影響を与える」12.0%、「どちらかと言えば影響を与える」48.5%と、半数以上の60.5%が転職に影響があると回答している。過去の2011年冬のボーナス時、同質問の回答は57.9%だったことからみると、増加傾向にあり、景気の回復に伴ってボーナスへの期待が増えていることも、関連性があるようだ。