質の悪いiPS細胞、判別法を発見

ざっくり言うと

  • 「質の悪いiPS細胞」の判別法を、京大の山中教授らが発表
  • iPS細胞のうち、腫瘍になりやすいものを見分ける目印となる3種類の遺伝子を発見
  • iPS細胞の品質向上に役立つ成果で、近く論文が掲載される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング