写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、米国およびカナダにおいて11月15日(現地時間)に、『PlayStation 4』(以下PS4/プレイステーション4)を発売し、発売後24時間で100万台以上の実売を記録したことを発表した。

SCEの代表取締役社長兼グループCEOであるアンドリュー・ハウス氏は「PS4は、今後のゲームのあり方を決定づけるゲーム体験をお客様にお届けしたいという我々の決意を具現化したものであり、ユーザーの皆様の反響の大きさにとても感激しております」と喜びのコメントを寄せ、北米でのPS4の販売は非常に好調であることをアピールし、11月29日のヨーロッパとラテンアメリカでの発売に向け「この勢いが持続するものと期待しています」と自信を覗かせている。

なお、発売後24時間で100万台以上という記録は、2000年に発売された『PlayStation 2』を上回り、同社のゲーム機実売では過去最高の滑り出しだという。