写真提供:マイナビニュース

写真拡大

機体活用プロジェクト「空恋〜空で街と恋をする〜」に取り組んでいるソラシド エア(スカイネットアジア航空)は、このほど同プロジェクトによる「世界農業遺産の里 国東(くにさき)号」が、12月3日に初フライトを迎えることを発表した。

○機体には「さ吉くん」が登場!

同プロジェクトは地域振興を目的として行うもので、1機体1自治体を基本に1年間機体側面に地名を表示するとともに、機内では各自治体について独自の方法でPRする。

今回、初フライトを迎える「国東号」は大分県国東市をPR。同市は国東半島の東部に位置し、瀬戸内海を望む風光明媚な場所にある。2013年5月には、この土地ならではの農耕及び食文化が今も継承されているとして、国東市を含む国東半島宇佐地域が世界農業遺産に認定された。

同機の機体には「大分県国東市」の文字とともに、同市のPRマスコットキャラクター「さ吉くん」も登場。世界農業遺産に認定された国東半島宇佐地域を世界農業遺産の里として、県内外にPRしていく。

初フライト当日は、大分空港において就航記念セレモニーを実施。対象の便は88便(大分発9:00〜羽田着10:25)で、出発前にセレモニーを行う。

(フォルサ)