写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ついうっかり飲み過ぎた翌日、目覚めたら頭痛に吐き気、めまいに虚脱感などの症状が! 風邪と同じでなかなかこれといった治療法がないのが二日酔い。病気ではないので心配はないものの、なるべく早く治したいものです。日本ではしじみの味噌汁を飲む、ビタミンCをたくさんとるといった対処法がよく紹介されますが、外国ではどのように対処するのでしょうか。日本に住む20人の外国人に聞いてみました。

■ロシアでは、きゅうりのピクルスの汁を飲むと二日酔いに効くと言われています(ロシア/20代後半/女性)

■すっぱいものを食べてよく寝る(トルコ/20代後半/男性)

■アスピリンを服用したり、ハーブティーを飲む。イワシの酢漬けやザワークラウトなどを食べる(ドイツ/30代後半/男性)

■干したら、豆もやしスープを飲む(デトックス効果があるそうです)(韓国/30代後半/女性)

二日酔いに効くと言われているものも国によって違うようですが、ロシア、トルコ、ドイツでは酸っぱいものが良いとされているようです。また、豆もやしスープにデトックス効果があるとは知りませんでした。

■スープ的なものを飲みたいですね。日本ではそんな時、ラーメンが最高です(ブラジル/30代後半/男性)

■温かいものを食べます。おかゆかヌードルのようなものです。さっぱりするようにシャワーを浴びます(フィリピン/40代前半/女性)

スープ的なものを食べたくなる気持ち、分かります。お酒の後の“〆”的な麺類は二日酔いの時にも食べたくなるようですね。

■コーラを飲みます(スウェーデン/40代後半/女性)

■コカコーラなどの炭酸の飲み物を飲むこと(チュニジア/40代後半/男性)

吐き気がする時に炭酸をスプーンで飲むといい、と聞いたことがありますが、その応用編でしょうか。二日酔いは脱水症状のひとつですから、何か飲みたくなるのは納得です。

■ハンバーガーなど肉系、玉子、サンド。二日酔いだったら早く起きてテレビを見たりしたら昼の12時ぐらいで眠くなってきて、昼寝したら治ります(アメリカ/30代前半/男性)

■すぐ寝ることです(インドネシア/40代前半/女性)

■お茶を飲む。寝る(台湾/40代前半/男性)

とにかく辛い時間を眠って過ごすのも二日酔いの対処法です。仕事や学校があったら寝て過ごすわけにはいきませんが……。ところで、ハンバーガーや卵サンドを二日酔いの時に食べるって珍しいですね。タンパク質が二日酔いに効くのでしょうか。

■イスラム教徒なのでお酒は飲みません(マリ/30代前半/男性)

■お酒飲みません(シリア/30代前半/男性)

■お酒を飲まないので二日酔いをしたことありません(中国/20代後半/女性)

■すみませんが、お酒全く飲めないです(タイ/30代後半/女性)

当たり前ですが、お酒を飲まなければ二日酔いはしないのですよね。「お酒飲みません」ってちょっと言ってみたいです。

日本ではウコンや胃腸薬など、二日酔いを予防したり軽減したりする医薬部外品がたくさん発売されていますが、二日酔いはしないにこしたことはありません。お酒はほどほどに、ですね。

(岩佐史絵)