<FedExCupポイントランキング>
 「OHLクラシック at マヤコバ」終了時点での最新FedExCupポイントランキングが発表され、同大会を制したハリス・イングリッシュ(米国)が前週の24位から2位に順位を上げた。1位はジミー・ウォーカー(米国)がキープしている。
 先週、国内男子ツアーに出場した石川遼はポイントの加算はなく10位から17位に後退。松山英樹も26位に順位を下げた。
【FedExCupポイントランキング】
1位:ジミー・ウォーカー(684pt)
2位:ハリス・イングリッシュ(657pt)
3位:ライアン・ムーア(639pt)
4位:ウェブ・シンプソン(585pt)
5位:クリス・カーク(577pt)
6位:ダスティン・ジョンソン(550pt)
7位:ジェイソン・ボーン(419pt)
8位:ブライアン・ストラウド(364pt)
9位:チャーリー・ハウエルIII(347pt)
10位:ビジェイ・シン(346pt)
17位:石川遼(298pt)
26位:松山英樹(177pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
美人ゴルファーを紹介!「今日の美ゴ女」
最新のギア情報&試打レポートをチェック