写真提供:マイナビニュース

写真拡大

"天使すぎる"と話題急上昇中のアイドルグループRev. from DVLのメンバー橋本環奈が17日、新宿ステーションスクエアで女子高生大統領出馬演説を行い、500人以上の観衆を集めた。

新宿駅前広場をジャックした同イベントは、12月5日に5pb.が発売するプレイステーション3専用ソフト『解放少女 SIN』をアピールするためのもの。橋本は作中に登場する女子高生大統領・大空翔子の制服を身にまとって登場し、司会の高橋名人、本作に出演する声優の山本彩乃、仙台エリらと共にトークを行った。

キャラクターのコスプレは初めてだという橋本は、「すごくかわいいです! 他のキャラクターの衣装も着てみたいです!」とにっこり。「シューティングゲーム……撃つゲームですか?」とゲームに詳しくない様子の橋本に、司会の高橋名人は「ファミコンって知ってる? おじさんそれでちょっとだけ人気だったんだ」と語って観衆を笑わせていた。

橋本といえば、福岡を中心に活動するアイドル「Rev.fromDVL」のメンバー。この日の演説には「Rev.fromDVL」のメンバーも観客として駆けつけていた。最近は"天使すぎる"アイドルとして人気急上昇中の橋本は「最近、電車に乗っていて声をかけられたりするんです。うれしいですけど、これからはあまりぼーっとしてられません」と人気を実感している様子。しかしもし自分が大統領になったら? という質問には「学校の勉強を減らしたいです」と中学生らしい解答で笑顔を見せていた。

イベント中には高橋名人自ら、橋本を『解放少女 SIN』宣伝大使に任命。橋本は「声優さんの仕事は大変だと思いますけど、もしチャンスがあったら挑戦してみたいです」と声の演技にも意欲を見せていた。

(トランジスタ)