最高額は142億円!世界の高額絵画TOP10―1位「フランシス・ベーコン:ルシアン・フロイドの三習作」

写真拡大

ゴッホ、ピカソ、ウォーホル……。巨匠と呼ばれる画家はたくさんいますが、ジャンルも違えば、絵画に付く値段もさまざま。つい最近、ニューヨークでフランシス・ベーコンの「ルシアン・フロイドの三習作」が、過去最高の約142億円(約1億4240万ドル)で落札され話題となっていますが、他にも驚くような高値で売買された絵画は多数!

そこで、フランスの女性向け情報サイト『Terrafemina』のジャーナリスト、マノン・アドゥ氏が、高値が付いた絵画から上位10作品を紹介します。教科書で見たことのある作品がズラリと並んだ、その内容は・・・。

1位は、11月12日にニューヨークのオークション会社『クリスティーズ』で落札されたばかりの「ルシアン・フロイドの三習作」。ベーコン氏の友人でもあり画家のルシアン・フロイド氏をモデルにした3部作で、1969年の作品。

匿名で落札されました。2位はジャクソン・ポロックの「No.5」。アクション・ペインティングと呼ばれた独特の画法で有名なポロック氏の、1948年の作品で、メキシコの投資家デヴィッド・マルチネス氏によって購入されました。

入札当時(2006年)の最高額で落札され、その額は約140億円(約1億4000万ドル)!3位以下に比べ、上位の2作品は圧倒的に高額で、140億円を超える額となりました。

他にも、100億円を超える絵画は、まだまだあります。世界の高額絵画TOP10は、コチラ!
1位:フランシス・ベーコン「ルシアン・フロイドの三習作」(約1億4240万ドル)
2位:ジャクソン・ポロック「No.5」(約1億4000万ドル)
3位:ウィレム・デ・クーニング「Woman III」(約1億3750万ドル)
4位:グスタフ・クリムト「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像I」(約1億3500万ドル)
5位:エドワード・ムンク「叫び」(約1億1990万ドル)
6位:パブロ・ピカソ「パイプを持つ少年」(約1億400万ドル)
7位:パブロ・ピカソ「ドラ・マールの肖像」(約1億180万ドル)
8位:グスタフ・クリムト「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像II」(約8800万ドル)
9位:フィンセント・ファン・ゴッホ「医師ガシェの肖像」(約8250万ドル)
10位:ピエール=オーギュスト・ルノワール「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」(約7810万ドル)

参考:Top 10 des ?uvres d’art les plus cheres du monde
http://www.terrafemina.com/tendances/lifestyle/articles/32813-top-10-des-uvres-dart-les-plus-cheres-du-monde.html