写真提供:マイナビニュース

写真拡大

リコーイメージングは2014年1月4日から、リコーイメージングスクエア新宿(ペンタックスフォーラム)内のギャラリーI、IIにおいて、田中希美男写真展「TOKYO東京TOKYO」を開催する。

○「東京的なもの」約50点を公開

田中希美男写真展「TOKYO東京 TOKYO」で展示する作品は約50点。写真家の田中希美男氏が、約3年ほどかけて細かく歩き回り、都内はもちろん近接する街で出合った「東京的」なものを撮影した作品を公開している。

同氏は「街を歩いていると、時間や空間、無意味や価値、色彩やカタチが錯綜(さくそう)していてて"東京的"な印象をうける。日中に見ているのに、まるでホラー映画のワンシーンのように感じることも」と語っている。この「東京的景色」の細部をしっかり描写するため、今回の撮影は高解像力を誇るデジタルカメラ・ペンタックス645Dを使用した。

○1月15日からは「永遠なる富士」展

1月15日〜20日までは、フォトクラブ赤富士&岩波による写真展「永遠なる富士」を開催。富士山撮影愛好家が集う「フォトクラブ赤富士&岩波」の会員が撮影した、早朝から夜中にかけて様々な表情を見せる富士山の写真を約30点展示する。今回はデジタル撮影ではなく、アナログ写真にこだわって写真を選定している。

開館時間は10:30〜18:30(最終日16:00)。定休日は火曜日。入場は無料。

(フォルサ)