●Spellbound

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©2013 林達永・金光鉉・アートリムメディア・キルタイムコミュニケーション/フリージング ヴァイブレーション製作委員会

<キャスト>
サテライザー=エル=ブリジット:能登麻美子
アオイ=カズヤ:市来光弘
ラナ=リンチェン:花澤香菜
エリザベス=メイブリー:甲斐田裕子
シフォン=フェアチャイルド:井上麻里奈
キャシー=ロックハート:釘宮理恵
ロックサンヌ=エリプトン:寺川愛美
シャルル=ボナパルト:山口立花子
ユリア=ムンベルク:東城日沙子
アミリア=エヴァンス:三森すずこ
ジーナ=パープルトン:橘田いずみ
ラトル:桑原由気
スカーレット=大原:雪野五月
アオイ=源吾:斧アツシ
バイオレット=エル=ブリジット:茅野愛衣
ルイス=エル=ブリジット:野島健児、真田アサミ
アンドレ=フランソワーズ:霜月紫
ホーリー=ローズ:楠浩子

●ストーリー
人類を襲う謎の敵《異次元体ノヴァ》との戦いで最愛の姉を失った少年・アオイ=カズヤは、ノヴァに対抗できる力を持った戦士《パンドラ》とそのパートナー《リミッター》の育成機関の一つ《ウエストゼネティックス》へ編入する。

そこでカズヤは《接触禁止の女王》として恐れられる少女・サテライザー=エル=ブリジットと出会う。
亡き姉の面影を残したサテライザーに惹かれるカズヤは、拒絶されながらも彼女と共に戦いへと身を投じ、徐々にその距離を縮めていく。

そんな中、《ゼネティックス》の上位機関である《シュバリエ》の命令によって、カズヤたちはアラスカにある基地へと派遣される。そこでは新たなノヴァへの対抗策として、人工的にパンドラを作り出す《Eパンドラ計画》が進められていた。
●オープニング
ホーリー=ローズの刃を向けられたカズヤを身を挺して守ったサテライザー。

「接触禁止の女王」と称された彼女の心の殻を破ったカズヤ、今度は彼女が彼を守る番なのです。
●ホーリー=ローズ
ルイス「サテライザー姉さん。良いのか、そんな寝言を言って。俺は父さんに口利きをしてやれる人間なんだぜ!」

彼はサテライザーに対する制裁としてホーリー=ローズとサテライザーを戦わせる指示を出します。

ホーリー=ローズ「私の目は節穴ではありません。ルイスに想い続けている人がいたことを!」

彼女はルイスが姉であるサテライザーを一人の女性として愛していた、そして自分はサテライザーの代わりに過ぎない存在だったことを気付いていたのです。

※もちろんホーリー=ローズはかつてのサテライザー同様、ルイスから時折、性的な暴行を受けていたようですが…。

ルイス「サテライザー姉さん、ホーリー=ローズに勝ったら父さんに口利きしてやっても良い。」

ホーリー=ローズとの戦いによって重傷を受けるサテライザーですが…。
●ルイス、ホーリー=ローズを愛す!
ルイス「姉さん、僕は慈悲深い人間でね。今からでも全てを水に流してやっても良い。」
サテライザー「ルイス、今日こそ貴方からの呪縛から脱してみせる!」


満身創痍のサテライザーは過去から続くルイスからの呪縛から、そしてEパンドラ研究所の凶行を止めるため、戦いを続けます。

そのときサテライザーに秘められた能力が覚醒!そしてホーリー=ローズを追い詰め、ルイスからの呪縛をも打ち砕きます!

その結果、ホーリー=ローズは重傷を受け倒れてしまい、ルイスは絶望のあまり崖から身投げをしてしまいます。

ホーリー=ローズ「ルイス!」

ホーリー=ローズもルイスを追って身投げ。

※2人はホーリー=ローズとカズヤによって辛うじて一命を取り留めます。

ルイスの身を本当に案じていたのはホーリー=ローズ。それが分かったルイスは自らの数々の愚行を反省し、そして改めてホーリー=ローズとの愛を確かめます。
●アラスカ事変
全てが落ち着いたかに見えたサテライザーとカズヤの元にラナからの電話が!

サテライザー「えっ、エリザベスが!」

Eパンドラ研究所で行われている秘密の実験。それにエリザベスも犠牲に!

急遽、アラスカに戻るサテライザーとカズヤ。一体どんなことが!

「フリージング ヴァイブレーション」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「フリージング ヴァイブレーション」第6話「サテライザー、よみがえる屈辱の日々」(ネタばれ注意)
【アニメ】「フリージング ヴァイブレーション」第5話「エリザベスへの罰」(ネタばれ注意)
【アニメ】「フリージング ヴァイブレーション」第4話「ジーナの死」(ネタばれ注意)
【アニメ】「フリージング ヴァイブレーション」第3話「屈辱」(ネタばれ注意)
【アニメ】「フリージング ヴァイブレーション」第2話「模擬試合」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「フリージング ヴァイブレーション」TVアニメ公式Webサイト
「フリージング ヴァイブレーション」AT-X公式Webサイト