最終日不発も充実感があったという松山(撮影:上山敬太)

写真拡大

<三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日◇17日◇太平洋クラブ御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」の最終日。21位タイから出た松山英樹はこの日も本調子とは程遠く1イーグル・4バーディ・3ボギー・1トリプルボギーでイーブンパーの72でラウンド。スコアを伸ばすことができず、トータル3アンダー28位タイで競技を終えた。
松山英樹の一打速報で大会を振り返る!
 ショットはチャンスにつかず、パットのタッチも合わない。1番のティショットはダフり気味で左ラフへ、出だしから不穏な雰囲気だった。4番から連続ボギー、それからは一進一退のゴルフとなるが、16番終了時点ではアンダーでラウンドしていた。そして迎えた17番パー3では本人も「よくわらない」と首をかしげた4パットのトリプルボギーを叩いてしまう。
 しかし、最終の18番パー5ではドライバーが会心の当たりでフェアウェイを捉えると、残り170ヤードを8番アイアンで4メートルにつける。大観衆が見つめる中、イーグルパットを沈め笑顔でホールアウト。最後は“らしさ”を見せた。
 この四日間を振り返り、「体がもつか不安があった。まわればいいスコアを出したいという気持ちがあったので、それができなかったのは悔しいけど充実感もあります」と息をついた松山。終盤には「スイングできるようになった」と復調の手ごたえもつかむことができたという。
 来週はアマチュア時代の昨年2位に入り、今年はホストプロとして迎える「ダンロップフェニックス」に出場。「調子も上がってきているので、優勝争いをできるぐらいまでいきたい」。来週は本来の姿を取り戻し海外の強豪も出場する大舞台で大暴れしてみせる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
谷原秀人、自身の誕生日をバーディラッシュで祝う!単独首位で最終日へ
遼、「大ラッキー」池ポチャボールが“復活” 5打差で最終日へ
G-VOICEで徹底討論!ゴルフについてあなたの意見を聞かせてください!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング