ツアー終盤に来て2勝!これで賞金ランキングトップに(撮影:福田文平)

写真拡大

<伊藤園レディスゴルフトーナメント 最終日◇17日◇グレートアイランド倶楽部(6,639ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「伊藤園レディスゴルフトーナメント」の最終日。上位につける選手の多くがスコアを伸ばし稀に見る大混戦となった今大会を制したのは4バーディノーボギーの“68”をマークした横峯さくらだった。

 トータル6アンダー4位タイからスタートした横峯は3番パー5でバーディが先行。早々にスコアを伸ばして優勝争いに加わると、8番から後半出だしの10番にかけて3連続バーディを奪取。この時点で混戦模様の優勝争いを一歩抜け出し単独首位に浮上した。
 その後はスコアカード通りに数字を並べた横峯。一時は吉田弓美子に首位タイに並ばれる場面もあったが、その吉田は17番で痛恨のボギー。結局、最後までノーボギーの安定したゴルフを展開した横峯が逆転で今大会を制し、今季4勝目を達成した。
 今大会3日間で喫したボギーはわずかに1つと安定感が光った横峯だが最終日はティショットを右に曲げる場面が多く、苦しいゴルフを強いられた。しかしそんな中でもスコアを崩さずにこれたのはティショットの不調をしっかりと受け入れ、セカンドショットやパッティングでカバーすることができたからだ。これは森川陽太郎メンタルトレーナーによるメンタルコントロール術の賜物と言える。
 「OKラインを上げないようにする」これは例を挙げて説明すると、フェアウェイからセカンドショットを打つ時に「ベタピンに寄せてバーディを獲る」と自分に対して過度な期待を強いるのではなく、「グリーンセンターに乗ればいい」といったように高すぎないハードルを設定してプレーに臨むことを指している。元来ネガティブな思考をしがちという横峯にとってはその時々の状況を受け入れて心を整理するこのようなメンタルコントロール術は非常にマッチしており、今季の横峯の復活優勝や終盤戦に入った現在の揺らぐことのない安定したゴルフを生み出しているのだ。
 今回の優勝でついに賞金女王レーストップに躍り出た横峯。ここまで首位の座を守ってきた森田理香子を逆転し、さらに約1200万円の差をつけ今季の賞金女王の座をぐっと引き寄せた形だ。「今度は追われる立場になるので違ったプレッシャーがあるのでOKラインを上げやすくなると思います。でもしっかり自分を見極めて戦っていきたい」確立されたゴルフスタイルに磐石のメンタルコントロール術を得た横峯の女王戴冠に死角はない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
佐伯三貴と横峯さくらが逆転女王へ好位置で最終日に臨む!
吉野茜を最終ホールで襲った“見えない緊張”
石川、松山のダブル一打速報で大会をプレーバック!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング