最終18番で勝負のイーグルパット。これが入ってれば・・・(撮影:上山敬太)

写真拡大

<三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日◇17日◇太平洋クラブ御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
 「三井住友VISA太平洋マスターズ」の最終日。首位と5打差の4位タイからスタートした石川遼は5バーディ・2ボギーの“69”で追い上げを見せたもののトータル12アンダーで2位タイ。優勝した谷原秀人に1打及ばず大会連覇を逃した。
石川遼の一打速報で大会をプレーバック!
 首位と2打差で迎えた最終18番ホール。左ラフから174ヤードのセカンドは、めまぐるしく方向を変える風に頭を悩ませながら意を決して9番アイアンを握ると「あそこしかなかった。本当に狙ったところにいった」とグリーンエッジにキャリーしてピン左6メートルにとまった。
 しかし、慎重にラインを読んで打ち出したイーグルパットは左に抜けて入らずバーディ止まり。「何回もやっているのに何で読めないんですかね。見た目よりも富士山からの目があるのか…」。幾多のドラマを演出してきた御殿場の18番だったが、今年は悔しさをにじませて天を仰ぐ結果となった。
 「前半が勝負だと思う」前日に描いたプラン通りチャージをかけた。1番でカラーからのパットをねじ込んでバーディを先行させると、3番では右バンカーからのセカンドを5ウッドで2オンさせて力強くガッツポーズ。イーグルパットは惜しくも外れて崩れ落ちたものの、ここもバーディとして序盤から上位をうかがう位置に自らを浮上させた。
 だが、首位と2打差で迎えた14番で「一番速いラインだとわかっていたのにタッチを合わせられなかった」と痛恨の3パットでボギーを叩くと、17番パー3では「低い球で行こうとしたけど、スイング自体が守りに入っていた」と風を意識したティショットを右のラフに外すミスショットからボギー。「トリッキーな風で思いのほか上のスコアも伸びなかったけど、前半風に惑わされなかったスイングができなかった」と終盤に出たミスショットを悔やんだ。
 「全体的にはすごくいい経験ができた。最終ホールでイーグルパットを打つことが僕のやるべきことだったので」。決めれば並ぶというところまで持っていったことには一定の評価を与えたが、ホールアウト後取材中にボードを見つめる姿から悔しさが消えることはなかった。
 それでも、次週のワールドカップでタッグを組む谷原秀人が優勝したことで「1、2フィニッシュが出来たのでこれ以上ないのかなと思う。2人で頑張って上位でプレーすれば団体戦でも上位に行けると思う」と日の丸を背負う次週へ向けて気持ちを切り替えた。
 「今週やっていい部分も悪い部分も見つかったので来週以降もこれをやっていくことだと思う」。敗れはしたものの決して小さくはなかった御殿場での収穫を胸に、世界の頂点を獲りにいく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
遼、「大ラッキー」池ポチャボールが“復活” 5打差で最終日へ
川村昌弘が単独2位に「グリーンが僕に優しいんです」?
G-VOICEで徹底討論!ゴルフについてあなたの意見を聞かせてください!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング