毎日カラフルなカジュアルオシャレを楽しむヒジャブ女子。JACジャカルタのオフィスにて【撮影/長野綾子】

写真拡大

日本語教師としてインドネシアと出会い、2005年からグローバル人材紹介会社JACリクルートメントで日系企業・日本人求職者のサポートを担当。ジャカルタ在住8年の長野さんが、活気・熱気あふれるメトロポリタン・ジャカルタの今をお伝えします!

 インドネシアは80〜90%がイスラム教徒(ムスリム)なのですが、比較的戒律にゆるめなので、「ヒジャブ」を着けていない女性は多いです。また、豚は食べないが酒は飲む、という人もいます(でも酒は飲まないが豚は食べるという人はいません。これも不思議です)。

 ヒジャブHijabとは、イスラム教徒の女性が着用する、頭髪を覆い隠すためのスカーフのような布をいいます。私の会社の女性社員(イスラム教徒)も、つい最近まで、90%はヒジャブを着けていませんでした。

女優からOLまで、街にあふれるヒジャバーズ

 以前、1900年代初頭のジャカルタの様子をビデオで見たときに驚いたのですが、写っている女性たちは膝上のミニスカート、ノースリーブの服を着て、サングラス、ヒジャブを着けている人はほとんどいませんでした(ちょうどミニスカートが流行った時代ではありますが)。

 しかしここ数年、街中でヒジャブ女性を多く見かけるようになってきました! しかも年齢を問わず、みんな「見て見て」と競うようにオシャレなヒジャブを着けています。

 女優や芸能人がこぞってヒジャブを着けてテレビに出演するようになると、あっという間にヒジャブ大ブーム。オシャレなヒジャバーズがあちこちに現れるようになりました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)