ウィンタースポーツでも快適にスマホ操作 EVOLGの最新グローブ

写真拡大

 スマートフォンなどの静電式タッチパネルに対応したグローブを展開する「EVOLG(エヴォログ)」から今冬モデルが発表され、ブランド初のラインナップとしてウィンタースポーツ向けの防水仕様シリーズが登場した。新開発のSlide-Tec仕様により、アウトグローブを着けたままでもタッチパネルを細かく操作できる点が特徴だという。

ウィンタースポーツ対応のスマホ手袋の画像を拡大

 スキーやスノーボード等のウィンタースポーツシーンで使用可能な防水仕様モデルは、スマホ手袋に特徴的な指の腹部分にある導電素材の刺繍や生地の切り替えを特許取得のスライドテックによって無くし、通常の手袋と変わらない外観にデザイン。指のマチ部分に導電レザーを用いて、タッチパネルに接触する面積が大きなグローブでもピンポイントに操作できるようにした。インナーグローブのスマホ対応手袋は以前から他メーカーでも販売があるが、「アウトグローブを外さず操作できるタイプは珍しい」(エーチームデザイン・担当者)という。5本指の「TETRA」と3本に分かれた「CRAB」各3色ずつの展開で、公式サイトでは予約販売が開始されたが、入荷は12月初旬を予定している。価格は11,550円と12,600円。

 スマートフォン利用者の急速な増加を背景に2009年頃から登場したスマホ手袋だが、現在では豊富なカラー・素材バリエーションやリーズナブルな価格帯、通話機能を搭載した革新的なモデルまで発売されている。国内での同製品の火付け役として知られる「EVOLG」はファッション性や高級感を高めると共にタッチパネルの操作性を向上させたラインナップで2010年から展開しており、今秋冬ラインでは、毎年人気だという定番のニットタイプに加えて、ハリスツイードを使用したハイエンドモデル、自転車やバイクユースに向けた防風仕様のモデルなど26タイプ全60カラーを販売。今秋からニューヨーク近代美術館「MoMA」での取り扱いがスタートし、海外展開も拡大させている。