山田悠介『貴族と奴隷』(文芸社、1100円)

写真拡大

中高生が好きな作家No.1(毎日新聞調べ)に輝いた山田悠介のホラー最新作となる『貴族と奴隷』(文芸社、1100円)が2013年11月22日に刊行される。

これを前に、公式ブログでは映画『リアル鬼ごっこ』のスタッフによるプロモーションビデオを配信中だ。

「君たちにはこれから 貴族と奴隷に分かれてもらいます」

白い杖を持った全盲の少年・伸也は、親友と憧れの幼馴染と歩いていたところを突然拉致され、極秘の実験への参加を強要される。

「君たちにはこれから 貴族と奴隷に分かれてもらいます」

そして30人の中学生によるサバイバル・ゲームが始まった。武装した大人、劣悪な環境、強制労働…異常な状況に、「何かが狂い始める」。エスカレートする狂気は少年たちをどこに運んでいくのか。

ブログの触れ込みによると、山田氏が原点となったデビュー作『リアル鬼ごっこ』に回帰した一作という。