<DP ワールドツアー選手権ドバイ 2日目◇15日◇ジュメイラ・ゴルフエステーツ・アースコース(7,675ヤード・パー72)>
 ドバイで開幕した欧州男子ツアー最終戦「DP ワールドツアー選手権ドバイ」。米国、欧州でWタイトルを狙うヘンリック・ステンソン(スウェーデン)がこの日大爆発。大会2日目で単独首位に立った。
 この日のステンソンはアイアンショットが冴え渡り、8バーディ・ノーボギーの“64”をたたき出した。大会2日目を終えた時点で通算12アンダー単独首位に立ったステンソン。最後まで首位を守れれば、ほかの選手の結果に関係なく自力で賞金王のタイトル掴み取る。
 そのステンソンを1打差で追うは初日首位に立ったアレッサンドロ・カニサレス(スペイン)。続く通算8アンダー3位タイにはマーカス・フレイザー(オーストラリア)とビクター・デュビッソン(フランス)の2人がつけた。さらにジャスティン・ローズ(イングランド)、イアン・ポールター(イングランド)、キラデク・アフィバーンラト(タイ)、ジョナス・ブリクスト(スウェーデン)の4人が通算7アンダーで並び5位タイグループを形成した。
【2日目の結果】
1位:ヘンリック・ステンソン(-12)
2位:アレッサンドロ・カニサレス(-11)
3位T:マーカス・フレイザー(-8)
3位T:ビクター・デュビッソン(-8)
5位T:ジャスティン・ローズ(-7)
5位T:イアン・ポールター(-7)
5位T:キラデク・アフィバーンラト(-7)
5位T:ジョナス・ブリクスト(-7)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
遼、「大ラッキー」池ポチャボールが“復活” 5打差で最終日へ
松山英樹、三度パーパットをカップに蹴られ21位に後退
石川、松山のダブル一打速報配信中!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング