劇場版「まどかマギカ」100万人突破、深夜アニメ作品では史上最速。

写真拡大

10月26日より劇場公開された「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語」が、公開21日目となる11月15日、劇場動員100万人を突破した。

本作は公開初日2日間で27.2万人、興行収入4億円を突破するスタートダッシュを見せ、公開から13日目となる11月7日には、深夜アニメで放送されたアニメーションの劇場版としては史上最速のスピードで興行収入10億円を突破するなど、現在まで好調に推移。

11月15日時点での劇場動員は100万5,092人、興行収入は13億9,145万7,150円となっている。公開21日目での100万人動員は、やはり深夜アニメーションの劇場版としては最速記録だ。

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語」は、全国129館で大ヒット上映中。