2位と2打差をつけ単独首位!3年ぶりの勝利に王手(撮影:上山敬太)

写真拡大

<三井住友VISA太平洋マスターズ 3日目◇16日◇太平洋クラブ御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」の3日目。この日が誕生日の谷原秀人は2打差の2位タイからスタート。6バーディ・1ボギーの67をマークし、スコアを5つ伸ばしてトータル14アンダー単独首位に浮上した。
石川、松山のダブル一打速報で大会3日目をプレーバック!
 自身の誕生日を6つのバーディで飾った谷原。ホールアウト後には「忘れてましたよ。必死こいてやってましたから」と苦笑。今週は「ショットとパットが今のところ噛み合ってくれている。明日まで続いて欲しい〜」と好調。2010年の「KBCオーガスタ」以来勝利から遠ざかっている谷原。明日は「伸ばすだけですね。自分のいい状態をどれだけ発揮できるか。ショットは納得のいくものが打てていますので、大丈夫かなと思います」と3年ぶりの勝利に自信をみせた。
 谷原は来週、石川遼と「ISPSハンダワールドカップゴルフ」に出場予定。明日の夜にオーストラリアに出発予定だが、優勝すれば表彰式などで帰りが遅くなるため「時間があぶないなあ…。誰かヘリ呼んどいてくれます?」とジョークを飛ばしながらも、本当に困った顔をしていた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
遼、「大ラッキー」池ポチャボールが“復活” 5打差で最終日へ
松山英樹、三度パーパットをカップに蹴られ21位に後退
G-VOICEで徹底討論!ゴルフについてあなたの意見を聞かせてください!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング