化学兵器、シリア国外で廃棄へ

ざっくり言うと

  • 化学兵器禁止機関が15日、シリアの化学物質の廃棄計画を決定した
  • 計画は、化学物質の危険度などに応じて国外への搬出・廃棄期限を設定
  • ただ排出先と目されるアルバニアが受け入れ拒否を表明し、計画に影響する可能性も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング