宮崎駿監督作品『風立ちぬ』との同日公開を予定していた『かぐや姫の物語』が、いよいよ今月公開となります。原作は、絵本や教科書で誰もが読んだことのある『竹取物語』。本作の制作秘話を、担当プロデューサーが明かしています。『かぐや姫の物語』にまつわるエピソードが掲載されているのは、季刊の漫画雑誌『もっと!』。11月1日増刊号では、スタジオジブリ公認のもと「ジブリの狂気が大好き♥」という特集が組まれています。この特集の中で、『かぐや姫の物語』のプロデューサー・西村義明さんは、映画化までの長い道のりを語っています。「高畑監督は『ホーホケキョとなりの山田くん』のあとにやりたい企画があって、『平家物語』の中にある『巴御前』を映画にしたかったんですよ。(略)高畑さんが『彼としか映画を作りたくない』と言っているアニメーターがいて。それは田辺修という人間で、今回の『かぐや姫の物語』でも彼がキイになっているんですけど、その田辺さんが『平家物語』という企画に賛同しなかったんですよ」(西村氏)つまり、もともと企画されていたのは『平家物語』のアニメ化。しかし、インタビューによれば、アニメーター・田辺氏の「『平家物語』のような軍記物は人が斬り合うわけでしょう。そんなものは作りたくない」という発言で、『平家物語』の企画が流れたそうです。そのため、代わりに題材として選ばれたのが、鈴木敏夫プロデューサーが提案した『かぐや姫の物語』でした。 今回の映画のキャッチコピーは「姫の犯した罪と罰」。原作『竹取物語』で、かぐや姫が罪を犯し、その罰としてこの地球に降ろされたことを想起させるコピーです。「かぐや姫はなぜ地球に来て、なぜ去らねばならなかったのか。彼女は地球にいるあいだ何を思っていたのか。彼女が犯した罪とは、そして罰とは何なのか―--この3つの疑問が『かぐや姫』にはあるんですね。『私の映画は、この3つの疑問に答えようとするものです』と高畑さんは言うんです」(西村氏)監督は、『パンダコパンダ』『アルプスの少女ハイジ』『母をたずねて三千里』と名作アニメを数多く手掛けてきた高畑勲。宮崎駿監督とともにスタジオジブリを立ち上げてからは、『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』などのリアリティーのある作品を作ってきました。はたして、『かぐや姫の物語』は一体どのような作品になるのでしょうか。公開は、来週23日(土)です。
『もっと! Vol.4 2013年11月号 (増刊Eleganceイブ)』 著者:水沢悦子,小玉ユキ,花沢健吾,石黒正数,磯谷友紀,久住昌之+水沢悦子,石井光太+内水融,西田東,三島衛里子,青木俊直,榎本俊二,サメマチオ,きづきあきら+サトウナンキ,よるのなおこ,陸野二二夫,雁須磨子,つばな,伊藤潤二,阿部共実,天堂きりん,施川ユウキ,衿沢世衣子,カラスヤサトシ,さと,クール教信者,伊東七つ生 出版社:秋田書店 >>元の記事を見る

■ 関連記事・誰もが知るカリスマモデルも!ギャル男ブームで活躍した「スーパー高校生」の現在は?「ハリー・ポッター戦争」で考える"二次創作の自由"アラサー世代の「肉食文系女子」がターゲット 新女性誌『Rola』とは

■配信元
WEB本の雑誌