写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本旅行は、北陸新幹線長野〜黒部宇奈月温泉間にて12月1日から始まる新幹線車両での列車走行試験に合わせ、「鉄道好き有名人と行く 試験走行列車イースト・アイ歓迎セレモニー&北越急行時速160km体感の旅」を実施する。

同ツアーは1泊2日の日程で、新幹線電気・軌道総合検測車「East i」(イースト・アイ)の一番列車を上越妙高駅ホームにて出迎えられるというもの。出発は12月1日で、1日目は東京駅から「あさま511号」に乗車。北陸新幹線開業後に上越妙高駅に転換される脇野田駅に向かい、同駅の在来線駅舎等を見学する。途中、スイッチバック式の駅として知られる二本木駅で下車し、信越本線の列車の見学も予定されている。

2日目はバスで上越妙高駅に向かい、上越市主催の歓迎セレモニーに参加。駅に到着する「イースト・アイ」をホームで出迎える。見送り時は駅舎の外からとなるが、ツアーのために特別に見学場所が用意されるとのこと。その後は北越急行の貸切列車に乗車し、宇宙船をイメージした駅舎のくびき駅、日本では数少ない「トンネル駅」美佐島駅に立ち寄る。

美佐島駅では、在来線最速の特急「はくたか」の通過を待合室から見学し、時速160kmのスピードを体感する。通過列車はこのために運転される貸切列車で、トンネル内の信号場での「はくたか」との交換の様子も間近に見学できるとのこと。六日町駅では車両基地ならびに運転指令の見学、グッズ・鉄道部品の販売会に参加できる。

なお、同ツアーには「鉄道好き有名人」として、南田裕介氏と久野知美さん、田中いちえさんが参加。1日目の夜には、各氏との懇親会(夕食会)がオプションとして用意されるという。旅行代金は東京発着コースが4万3,800円、長野発越後湯沢着コースが3万3,800円。定員40名、最少催行人数は20名。申込みは日本旅行上越支店にて、FAXでのみ受け付ける。

(佐々木康弘)