アベノミクスの影響か、今冬のボーナスはバブル期に匹敵する伸びらしい。NISAの口座開設申込みも始まるなど、ボーナスの資金をどこに振り分けるかは思案のしどころだが、各銀行は例年どおり定期預金のキャンペーンをスタートした。今回は各銀行の定期預金金利と「どこに預ければお得なのか?」をご紹介しよう!(金利は11月11日時点)

 まず、身近なメガバンクとネット専業銀行等の金利を見てみよう。

 メガバンクで期間1年、預入金額100万円の場合、金利は0.025%。昨年から変わらない水準だ。100万円を1年間預けると利息は250円(税引き前)。預金利息の税率は約20%なので、手取りの利息は約200円となる。

 下表で金利が一番高いのは、オリックス銀行の0.270%(預入金額100万円以上)。「メガバンクの10倍以上!」と驚くのはまだ早い。全国にはもっと金利の高い銀行・金融機関があるのだ。次ページで紹介しよう!

メガバンクとネット専業、その他銀行の金利一覧
銀行名 1年
10万円 100万円
 みずほ銀行 0.025% 0.025%
 三井住友銀行 0.025% 0.025%
 三菱東京UFJ銀行 0.025% 0.025%
 みずほ銀行インターネット支店 ※1 0.055% 0.055%
 三菱東京UFJ銀行インターネット支店 ※2 0.045% 0.045%
 じぶん銀行 0.130% 0.130%
 ジャパンネット銀行 ※3 0.100% 0.100%
 住信SBI銀行 ※4 0.120% 0.130%
 ソニー銀行 ※5 0.150% 0.150%
 大和ネクスト銀行 ※6 0.220% 0.220%
 楽天銀行 ※7 0.160% 0.170%
 イオン銀行 ※8 0.120% 0.120%
 セブン銀行 ※9 0.120% 0.120%
 新生銀行 ※10 0.030% 0.040%
 オリックス銀行 ※11 0.270%

※1 初回預入のみ ※2 1万円以上1000万円以下(新規口座開設時は10万円以上) ※3 1万円以上 ※4 1000円以上 ※5 1万円以上 ※6 10万円以上(キャッシュカードなし、他行から振込) ※7、8、9 1万円以上 ※10 10万円はパワーフレックス円定期預金(1,000円以上)、100万円はパワーダイレクト円定期預金100 ※11 eダイレクト預金(ネット専用。100万円以上)、キャッシュカードなし、他行から振込

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)