写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●アニメ系ロボで異彩を放った姫路ソフトワークス
11月6日〜9日、東京ビッグサイトで「2013 国際ロボット展(iREX2013)」が開催された。同展は日本ロボット工業会/日刊工業新聞社の主催で2年に一度開催される業界最大の展示会で、東ホール1〜3をフルに使った会場は多彩なロボットたちで埋め尽くされた。

会場は、産業用ロボットゾーン(IR)と、サービスロボットゾーン(SR)とに分けられていたが、大部分はIRの方で、SRの方も大学や研究機関の成果発表や、ロボット・ビジネスの市場確立を目指すベンチャーの提案などが中心。基本的にはスーツのビジネスマンが行き交うおカタいムードの展示会ではあるのだが、そこは空想と現実の交錯によって発展してきたロボットの世界。ホビー系のメーカーによる、マンガやアニメ等の影響の色濃い……要はヲタクチックな出展もちらほら?

業界の動向を追うガチな記事は、専門メディア等にお任せするとしよう。ここでは、フィクションでもリアルでも「ロボット、大好き!」というファンの目線で、注目の出展をレポートしてみたい。

○「可変」は男のロマン! 驚異の三段変形飛行ロボ「HVF-04X」

さて、早速ではあるが断言してしまおう。"ロボット = エンターテインメント"という視点で捉えるならば、今回のロボット展の目玉は、間違いなく姫路ソフトワークスの飛行モード搭載ロボットキット「HVF-04X」であった! そこでまずはこのロボットを大フィーチャーしてご紹介したい。

「HVF-04X」は全身に18個のサーボモーターを搭載したホピー系の二足歩行ロボット。それだけなら今や珍しくないが、なんと、ヒト型のロボットモードからホバリングモードを経て飛行機モードへと、自動三段変形を実現! 某アニメの可変戦闘機を想起せずにはいられないその姿は、まさに30年越しの夢……超時空的な男のロマンを現実のものにした逸品と言えよう。

今夏のおもちゃショーではタカラトミーが「トランスフォーマー」の可変試作モデルを発表。ロボット形態では二足歩行、ビークル形態では車輪走行を実現していたが、この「HVF-04X」は、飛行機モードとホバリングモードで飛行を実現! 両肩に装備されたダクテッドファンで空中に浮かび、一定の高度を保っての移動が可能。しかも、ホバリングしたまま両モード間の変形もこなすと言う。

通常なら飛行時はジャイロセンサを使用して姿勢を制御するところだが、飛行モードでの底面3点に配置されたイメージセンサで画像解析を行い、床面との距離を一定に保つことでホバリングを実現。極端な高低差があっても対応でき、たとえばテーブル上をホバリングしていて飛び出した場合は、床面まで高度を下げてホバリングを続けられるそうだ。

残念ながら、ロボット展事務局からのお達しにより会場での飛行デモはNGで、実際にホバリングする様子は見られなかったのだが、YouTubeに飛行中の動画が公開されているのでぜひチェックしてみて欲しい。

そして、うれしいことにこの「HVF-04X」、単なる参考出品ではなく来年、年明け早々にも発売を予定! 今回展示されたモデルで基本的な機構はすでに完成の域に達しており、後は細部の調整とブラッシュアップのみという状況だとか。

実は姫路ソフトワークスは、2011年から刊行されたデアゴスティーニの分冊キット『週刊ロボゼロ』で組み上がる「ROBOXERO」の開発メーカー。同誌は昨年末に刊行終了となったが、デアゴスティーニのサイトでは現在、ROBOXEROを可変ロボに進化させる追加オプションパーツ「タンクモード変形ユニット」が申込受付中だ。

申込締切は12月16日だが、購入者の中から抽選で1名になんと「HVF-04X」をプレゼント! という特別企画を実施。そのためもあって、急ピッチで開発を進めているのだそうだ。

飛行には細かな調整が必要なため、「HVF-04X」はキット形式でなく半完成品、受注生産という形で販売。価格は30万円台前半を目指すとのこと。決して安くはないが、従来のロボットキットでも10〜20万円台は普通。さらに変形・飛行の機能がプラスされ、しかも完成品となれば、むしろ破格と言ってよいのでは? とにかく発売を大いに期待したい!

○IRゾーンの中にアニメチックなロボたちが並び、異空間を現出!?

ちなみに姫路ソフトワークスの展示は、エンタメ寄りのブースも点在したSRゾーンではなく、IRゾーンのORiN協議会ブース内に位置していた。そのため、周囲は実用的な産業用ロボット関連の展示ばかり。そんな中、「HVF-04X」や「ROBOXERO-T」以外にも、二足歩行ネコ型ロボット「ねこだむ30号」、ひょうきんなデザインの「ATR-PONKO-X」など、アニメチックなデザインのロボットたちが並んだ一角は明らかに異空間と化しており、逆に注目を集めていた。

●要チェック! のロボたち - 気になるのはやっぱりヒト型?
○欲しかったあのロボットが! ホビー系わんさかごちゃまんのヴイストン

最初に一番の目玉をガッツリとご紹介したが、ここからはフォトレポート&動画で(ちとミーハーかも知れないが(笑))ロボットファンの琴線に触れそうな出展をざっとたどっていこう。

まずはわかりやすくホビーロボット系から、ということで、秋葉原と福岡でロボットショップを営業中のヴイストンのブース。今回のブースでも各種のロボット関連商品を販売。同社が開発した「カップヌードルロボタイマー」など日清製品のキャンペーン用景品や、リボルテックで人気の『よつばと!』ダンボーの二足歩行ロボットキットなどをデモ展示していた。

○アニメ&ゲーム好きなら外せない? 注目&異色の出展

ジェイ・エム・シーが出展していた、SDガンダムを思わせるフォルムの「RAPIRO」は、クリエイターの石渡昌太氏が立ち上げたプロジェクト。米KickStarterで1,000万円の資金調達を達成したクラウドファンディングの成功例として注目を集めている。日本のクラウドファンディング・サイトMakuakeでも目標を達成し、現在、基本キットが3万8,000円で購入可能だ。

また、異色なところでは、マイクロスターの「ヒューマノイド ロボチャンプ」。一世を風靡した『ムシキング』式筐体を採用した学習カードゲームで、実在するホビーロボットのパーツを元にしたカードをスキャンして、組み立てを疑似体験できるというもの。各地の科学館やイベントなどに置かれ、人気を博しているそうだ。

○神の似姿・ヒトの似姿……やっぱり気になるヒューマノイドあれこれ

ヒト型=ヒューマノイドは、外野のロボ好きにとってはやはり一番興味をひかれるジャンルだろう。今回は、ホンダの「ASIMO」や産総研の「HRP-4C 美夢」のような大スターこそいなかったが、研究分野にエンタメ分野、人間サイズからホビーロボットに近い小型のものまで、SRゾーンにはインスピレーションを刺激される様々なスタイルのロボットが出展されていた。

●パワードスーツにモビリティ - 着実に進化中のロボット技術
○実用化の段階に入ったパワードスーツ……個人開発の注目株も登場!

ヒューマノイドと並んで、強化服=パワードスーツもSF映画やアニメでは定番ネタ。今回のロボット展にも多数の出展があった。福祉用としてレンタル展開中のサイバーダイン「ロボットスーツHAL」をはじめ、クボタの「農業用アシストスーツ ARM-1」、ホンダの「歩行アシスト」など、一部装着型ではあるがいよいよ実用段階に入ったと言えそうだ。

そんな中で一番の注目株は、なんと個人開発! のパワードスーツラボ「POWDER」。「パワードスーツ本来のパワフルな力増幅器」を目指しているそうで、まだ右半身のみのプロトタイプだが、無骨なスタイルは1960年代に米GEが開発していた「ハーディマン」を思わせる。設計値では片腕で約60kgを持ち上げることが可能。会場では上半身、右腕のみを装着してのデモだったが、灯油タンクをブンブン振り回す様はインパクト絶大であった。

○陸を、海を、空を行くロボット技術……パーソナル・モビリティや飛行ロボも

ロボット技術を応用したパーソナル・モビリティも今後、実用化が加速しそうな分野だ。トヨタの『Winglet』は、立ったまま乗るセグウェイ型の2輪車だが、日本のプロダクトらしく、よりコンパクト。デモ担当のお姉さんがハンドルの短いショートタイプをスイスイ乗り回していたのが印象的だ。

最近、レクサスの新CMでCGのようになめらかな連携動作を見せる小型クアッドコプターが話題になったが、今回のロボット展にも様々な飛行ロボットが出展されていた。中でも、ガシガシぶつかっても平気で飛び続けられる球状の「GimBall」はやはりインパクト大。また、都立産業技術研究センターのバルーンロボットも、ハムスターの回し車のような円形の姿勢制御装置を搭載し、通常の気球にはできない宙返りを実現。屋内での案内や見守り用途で使えれば、ということだが、まずはオモチャとして発売して欲しい!

○まだまだ紹介したいロボットだらけ……また2年後に乞うご期待!?

さて、夢の可変飛行ロボにはじまり、ヒューマノイドやパワードスーツなどのジャンルごとに、少々ミーハーなロボットファン目線で今年の国際ロボット展をご紹介してきたが、いかがだっただろうか? まだまだご紹介したいロボットはいくらでもあるのだが、さすがにスペースと時間の都合もあるので、もう少しだけノンジャンルで紹介して締めることにしよう。

20世紀に夢見られていた「一家に1台のロボット」というような未来の光景は、21世紀、2013年の現在も、残念ながら未だ実現していない。しかし、2年ごとに開催の国際ロボット展を観ていれば、劇的ではないにせよ毎回着実にロボットが進化していると感じられる。特に今回は、発展途上のサービスロボットの分野でも、ユーザーテストのフィードバックが取り入れられ、リアリティある提案が増えたように感じた。

もちろん、空想好きのロボットファンとしては、ぶっ飛んだセンス・オブ・ワンダーも感じたいところだが、そこは最新の技術動向がマンガやアニメのロボットにも影響を与え、きっとまた新たなビジョンが生まれてくることだろう。果たして次回はどんなロボットが勢ぞろいするのか? 今から楽しみだ。

(テクノタク飯塚)