写真提供:マイナビニュース

写真拡大

新しく引っ越す先の街・エリアを選ぶとき、あなたは何を重視しますか? 環境や交通の便のほか、必ず、住宅の周辺にどんな「施設」があるかもチェックするのではないでしょうか? 今回は、社会人500名を対象に、「住む街・エリア」を選ぶとき、どんな施設があると、一番「住みやすそう」と感じるかをアンケート調査。独身者、夫婦二人暮らし、ファミリーごとに、それぞれベスト5までのランキングを出してみました。 

■「郵便局」の有無は意外と重要!? 独身編
Q.住む街・エリアを選ぶとき、近くにあると「住みやすそう」と感じる施設は何ですか?(上位3つを選択)
第1位:スーパー……75.4%
第2位:病院……53.5%
第3位:大型ショッピングセンター……36.3%
第4位:郵便局……26.3%
第5位:図書館……24.0%
※第6位以下は略

第1位の「スーパー」には、7割以上の票が集中。「食料の調達が便利」(女性/27歳/学校・教育関連)なのはもちろん、 一人暮らしで車もない場合、「買い物して荷物が重くない距離がいい」(女性/29歳/マスコミ・広告)という理由もあるようです。続く第2位には、「何かあったときに頼れる」(29歳/男性/食品・飲料)「病院」が、第3位には、「大抵の物がそろう」(男性/30歳/情報・IT)「大型ショッピングセンター」がランクインしました。
おもしろいのは、第4位に、なぜか「郵便局」が入っている点。「お金をおろしたり、荷物送ったりと便利なので」(男性/29歳/自動車関連)とのことですが、独身者の場合、学生時代に仕送り用に作ったゆうちょ銀行の通帳を、そのまま使っているケースが多いからかもしれませんね。
さらに第5位に入った「図書館」も、「近くにあれば本を買わなくて済む」(男性/29歳/自動車関連)ほか、仕事や資格試験のための調べものや勉強もできるなど、一人で過ごす時間の多い独身者には、何かと使える施設です。

■二人でリラックスできる場所もほしい! 夫婦編
第1位:スーパー……76.8%
第2位:病院……58.0%
第3位:大型ショッピングセンター……30.4%
第4位:図書館……27.5%
第5位:公園……21.7%
※第6位以下は略

まだ子どもがいない夫婦の場合、独身者とそれほどライフスタイルが変わらないためか、ベスト5のうち4つまでは、独身編と同じ施設が並びました。唯一独身者のランキングにはない施設が「公園」。「公園でのんびり休みたいときもある」(男性/36歳/通信)というように、休日に夫婦でぶらっと散歩するなど、自然の中でリラックスできる場所として選ばれているようです。

■街選びも子ども中心に。ファミリー編
第1位:スーパー……58.1%
第2位:病院……54.6%
第3位:大型ショッピングセンター……36.0%
第4位:公園……32.6%
第5位:学校……30.2%
※第6位以下は略

子どものいるファミリー層でも、第1位〜第3位までは、独身者、夫婦のみの家庭と同じでした。特徴的なのは、第4位に「公園」、第5位に「学校」が入っていること。「公園」については、「近くにあると、子どもを遊ばせられそう」(女性/31歳/食品・飲料)というように、子どもの遊び場、憩いの場として考えている人が大多数でした。「学校」を選んだ理由としては、子どもの通学の際の利便性のほかに、「学校の周辺は、パチンコ店などの出店が規制されているはずだから」(女性/31歳/小売店)など、治安・環境面での評価も。

周辺によく利用する施設があるかないかで、生活の便利さや充実度は大きく変わってきます。と言っても、あらゆる施設がそろったエリアに住むのは難しいので、引っ越し先を選ぶ際には、あらかじめ自分の中でのランキング(優先順位)を決めておくといいでしょう。あなたは、どんな施設があると「住みやすそう」と感じますか?

【アンケート対象】
調査期間:2013年11月1日〜7日
アンケート対象:マイナビニュース会員
調査対象数:500名
調査方法:回答者限定ログイン式アンケート

文●高倉 都(エフスタイル)