<三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目◇15日◇太平洋クラブ御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
 静岡県にある太平洋クラブ御殿場コースで開幕した国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」の2日目。この日石川遼は5バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの“70”でラウンド、通算7アンダーで2日目を終えた。
 前半で3つ伸ばし2位に浮上した石川だったが、後半に入ると失速。後半のバーディは14番で見せたピン側50センチにつけるスパーショットでバーディのみ。最終18番では2度の池ポチャでダブルボギー。結局後半は1バーディ・1ダブルボギーの“37”でホールアウト。この日は2つ伸ばすにとどまった。
 一方、前半1つ伸ばし通算2アンダーとした松山英樹は、石川とは対照的に後半バーディを量産。まず、11番パー5でバーディ。さらに14番から3ホールで連続バーディを奪取する。そして最終18番もバーディとし、この日通算5アンダーまで伸ばしホールアウトした。後半2つボギーは叩いたものの5つのバーディを奪い3ストローク伸ばした松山。いつもの定位置に戻ってきた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
遼、連覇へ1打差6位発進!新パッティング披露も「まだ一歩目」
ゴルフについてG-VOICEで徹底討論!あなたの意見を聞かせてください
石川、松山のダブル一打速報で大会2日目をプレーバック!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング