イタリア現代史を揺るがせたバチカン銀行のスキャンダルについて2回に分けて書いた。

●バチカン市国「神の資金」を扱う闇の男たち -前編-
●バチカン市国「神の資金」を扱う闇の男たち -後編-

 教皇ヨハネ・パウロ1世は、バチカンがフリーメーソンの秘密組織「P2」に侵食され、バチカン銀行が南米の麻薬取引をはじめとするマフィアビジネスに深く関わっていることを知り、バチカン銀行総裁マルチンクス司教の更迭を決めたが、その直後、1978年9月に在位33日間で謎の死を遂げた。

 アンブロジャーノ銀行の頭取ロベルト・カルヴィは「神の銀行家」と呼ばれ、バチカン銀行との取引を一手に引き受けていたが、銀行は13億ドルの負債を背負って1982年に破綻し、カルヴィはロンドンのテムズ川にかかる橋で首吊り死体で発見された。

 この驚愕すべき事件の後日談を膨大な資料を駆使して描いたのが、イタリアのジャーナリスト、ジャンルイージ・ヌッツィの『バチカン株式会社』(柏書房)だ。

レナート・ダルドッツィが残した4000点の内部資料

 数学・工学・哲学・神学の学位を取得し、企業経営者を経て51歳のときに天職として聖職者の道を選んだレナート・ダルドッツィは、その教養と豊富な社会経験を買われてバチカン銀行の醜聞処理を任されることになる。ダルドッツィは20年間にわたってメモや文書を丹念に整理・保存しており、その量は4000点に及んだ。生前はバチカンの掟に従って沈黙を守りつづけたダルドッツィは、その資料を知人に預け次のような遺言を残した。

「この書類を公表すること。何が起きたのかをみなが知るように」

 ジャーナリストのジャンルイージ・ヌッツィはこの内部文書を入手し、バチカンのもっとも奥深い秘密を暴いた。

 このことについて述べる前に、イタリアという国の特殊な事情をかんたんに説明しておきたい。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)