<三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目◇15日◇太平洋クラブ御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
 昨日開幕した国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」の2日目。全選手がハーフターンを終え、昨日首位につけた小田孔明が4ストローク伸ばし通算10アンダー、頭ひとつ抜け出し単独首位に立った。
 その小田を2打差で追うのは石川遼、片山晋呉、近藤共弘の3人。3人は通算8アンダーとしている。続く通算7アンダー5位タイには山下和宏、谷原秀人の2人がつける。さらに池田勇太、川村昌弘、高山忠洋ら6人が通算5アンダーで7位タイにつけている。
 昨日1アンダー30位タイにつけた松山英樹は1つ伸ばし2アンダー23位につけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
遼、連覇へ1打差6位発進!新パッティング披露も「まだ一歩目」
松山英樹は復帰戦30位タイ発進「これ以上のスコアは望めない」
G-VOICEで徹底討論!ゴルフについてあなたの意見を聞かせてください!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング