写真提供:マイナビニュース

写真拡大

台湾観光局とチャイナ エアラインは、台湾の魅力を詰め込んだ特別塗装機「Time for Taiwan Express」を就航した。

○第1便は羽田空港から台北松山空港へ

特別塗装機は、台湾観光の魅力である「ロハス」「エコ」「ロマンス」「グルメ」「ショッピング」「文化」をテーマとした塗装で、チャイナ エアラインのグローバルネットワークを通じて、全世界へ台湾の魅力をアピールする。

Time for Taiwan ExpressはエアバスA330-300型機がベースで、日本や香港、マレーシア、シンガポール、韓国、大陸中国へ就航予定。その海外発第1便となるCI221便は、羽田空港から台北松山空港へ飛び立った。

Time for Taiwan Expressの第1便では、「ロハス」「エコ」「ロマンス」「グルメ」「ショッピング」「文化」をモチーフにした、カラフルなデザインのヘッドレストカバーやクッションなどを用意。それぞれのテーマごとに台湾の魅力を紹介する観光冊子も設置した。このほか、第1便の乗客へは台湾観光局のオリジナルカップ、エコバック、チャイナ エアラインのトランプ、Time for Taiwan特製カレンダー、そしてボワンブフ満里子氏著「驚きの台湾」が配布された。

なお、2012年の来台旅客数は過去最高となる731万人に達し、2013年は第3四半期の時点で既に580万人を記録している。