アレキサンダー・マックイーンとダミアン・ハーストのコラボスカーフ発表

写真拡大

 「Alexander McQueen(アレキサンダー・マックイーン)」が、ブランドのアイコン的な存在となっているスカルスカーフの誕生10周年を記念して、イギリスを代表する現代美術家Damien Hirst(ダミアン・ハースト)とのコラボレーションによるエクスクルーシブ・コレクションを発表した。30デザインを各種1色で展開し、国内では11月15日から六本木ヒルズ店とオンラインのスカーフブティックで販売される。

アレキサンダー・マックイーン×ダミアン・ハーストの画像を拡大

 「Alexander McQueen」のスカルスカーフは2003年春夏コレクション「Irere」で初めて発表。今年アニバーサリーを迎え、「Alexander McQueen」はDamien Hirstと共通の美学的観点を有していることから今回のコラボレーションが実現したという。

 全30種類限定のスカーフコレクションは、各アイテムにDamien Hirstの「エントモロジー(昆虫学)シリーズ」から用いたバタフライやバグ、スパイダーなどの昆虫が幾何学的な模様でデザインされ、「Alexander McQueen」のスカルモチーフに落とし込まれている。素材はシフォン、ポンジー、ツイル、ウールを展開し、価格帯は5万7,000円〜13万1,000円。ビジュアルとショートフィルムはフォトグラファーのソルヴァ・スンツボが手がけた。