差別行為選手の懲罰規定を新設

ざっくり言うと

  • 日本サッカー協会は、差別行為をした選手に対する懲罰規定を新設した
  • 最低5試合の出場停止、および10万円以上の罰金等を科すとのこと
  • 同一チームの複数選手が行った場合は勝ち点を減点、来季から始められる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング