写真提供:マイナビニュース

写真拡大

阪神電気鉄道は18日から、沖縄県の海や空、観光地などをイメージした装飾を施したラッピング電車「沖縄ジャックトレイン」を運行する。阪急阪神ホールディングスが沖縄県および沖縄観光コンベンションビューローと共同で開催する「冬こそ沖縄 美ら島キャンペーン」の一環で実施するもの。

同列車は8000系車両1編成(6両)を使用し、各車両の車体(扉横・窓下)と車内(扉下部)に沖縄の風景写真を掲出するほか、床面にもジンベエザメやエイが泳ぐ海中の写真を装飾する。「宮古島車両」「八重山諸島車両」など、車両ごとにテーマがあり、それに合わせた写真がラッピングとして掲出される。

「沖縄ジャックトレイン」は、11月18日14時35分に梅田駅を発車。山陽姫路行の直通特急として運行される。以降、阪神梅田〜山陽姫路間など阪神本線系統を中心に、12月15日まで運行予定となっている。

(佐々木康弘)