写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本仙台支社はこのほど、2014年6月から始まる「山形デスティネーションキャンペーン」(山形DC)に合わせ、陸羽西線古口駅、米坂線西米沢駅・羽前小松駅を建て替えると発表した。今月中旬より順次着工し、2014年3月までに完成させる予定。

駅舎の建替えに際し、「街並みと調和した駅舎」がコンセプトに。西米沢駅は街の雰囲気に合わせて「和」を、羽前小松駅は川西町の昔の宿場町を、古口駅は天然の杉が群生する「幻想の森」(山形県戸沢村)の中にある山小屋をそれぞれイメージした駅舎となる。いずれも鉄骨造り1階建て。新駅舎の供用開始日については、決まり次第発表となる。

(佐々木康弘)